『Diablo II Resurrected』開発者「Switch版はバターのように滑らかに動く。ファンは、PS5、Xbox Series X版にも満足するだろう。」

Game | Microsoft | nVIDIA | PC | SONY | 任天堂

『Diablo II Resurrected』の主要開発者である、プリンシパル・デザイナーのRob Gallerani氏とリード・グラフィック・エンジニアのKevin Todisco氏は、任天堂Switch版やPS5、Xbox Series Xでのゲームの見た目、動作状況について語っています。

往年の名作『Diablo Ⅱ』のリメイク版が、9月24金曜日様々なプラットフォームで発売されますが、任天堂のプラットホームではベータ版がないため、本作のファンはSwitch版でどのようにゲームが表示され、動作するのか気になっています。

スイッチ版のDiablo IIIは、私もプレイしましたが、解像度こそ低いですが、プレイ体験はコンソールと遜色なく楽しめて、本当に素晴らしい出来でした。

リマスター版のリード・グラフィック・エンジニアのKevin氏は、

「本作は、バターのように滑らかに動作していると思います。私は、Switchをドックに入れず、ポータブルモードでプレイするのが好きです。ですので、どのゲーム機でも、滑らかな体験ができるように作っています。PCゲームをそのままゲーム機に移植したような感じにはしたくなかった。それぞれのゲーム機に合ったものにしたかったのです。」

とVenturebeatのインタビューで答えています。

「特に携帯モードでプレイする場合、Switchでは様々なことを考慮しています。すべてがより小さくなっています。ただ、全体的に注意を払っているのは、次のようなことです。フォントの大きさは?画面上ではどのようにレイアウトされているか?このような事をデバイスの長所を生かすため、そのデバイスに合わせなければならないものです。」

「多くの3D映像も同様です。Switchの小さな画面に合わせてゲームプレイ体験を調整することです。携帯型の画面は、ゲーム機をドックにドッキングすれば、大きな画面に交換できます。このように、プラットフォームごとにそのプラットフォームで最高のゲームプレイ体験ができるように調整しています。スイッチ版はとても良いですね。初めての方でも安心してお楽しみいただけると思います。」

そいて、PS5、Xbox Series X版についてリード・グラフィック・エンジニアのKevin Todisco氏は

「綺麗なグラフィックが全てです。そのプラットフォームを代表するような、最高の姿を見せたいのです。そして、同様に最高のパフォーマンスを発揮してほしいと思います。次世代機のゲームでは、可能な限り最高のビジュアル体験を提供することで、プレイヤーには満足していただけると思っています。」

との事で、『ディアブロⅡ:リザレクテッド』は、ただのリマスターではなくフル・リメイクであり、コンソールごとに最適化され丁寧に作られてる事も分かります。プレイするのが本当に楽しみなタイトルの1本と言えるでしょう。🔚

via Venturebeat

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720