新型iPad mini、CPUはクロックダウン版だが、GPUはiPhone 13 Proシリーズと同様に5コアGPUを搭載、グラフィックス性能は同じ。

Apple | 家電

先日発表された第6世代となる、新型iPad miniにはクロックダウンされたA15 Bionicが搭載され、いくつかのシングルコア・テストとマルチコア・テストで先代のA14 Bionicに負けている事が明らかになっていましたが、GPU(グラフィック・プロセッサー)ではその様な事もなく、iPhone13ファミリーのハイエンドiPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxと同じ5コアのGPUを搭載しています。

新型のiPad miniとiPhone 13シリーズの上位機種ProとProMaxだけが、A15 Bionicの5コアGPUを搭載しています。

それもあってか、Geekbench 5でiPad mini 6がMetalで13759のスコアをマークしており、この事からもAppleは新型iPad miniのA15 BionicチップのGPUコア数には妥協していなかったことが明らかになったわけです。

グラフィックテストでは、iPhone 13 Proと同じ5コアGPU構成にもかかわらず、iPhone 13 Proの方が若干遅くなっています。iPhone 13 Proは、A15 Bionicの5コアGPUによって、昨年のA14 Bionic GPU(iPhone 12 Pro、Pro Max)より55%もの大幅なグラフィックス性能の向上を実現しています。

もしアップルが、新型iPad miniで先日明らかになったクロックダウンCPUのように妥協し。iPhone 13やiPhone 13 miniと同様の4コアのGPUを搭載していたら、このようなテスト結果にはならなかったでしょう。

この結果からも、新型iPad miniでは、iPhone13Pro、Pro Maxと同じ5コアGPUの恩恵で、LumaFusionでのビデオ編集やゲームや、グラフィックに負荷のかかるアプリケーションでは、先代モデルより大きくパフォーマンスが向上するでしょう。

そして、新型iPad miniでは「4GBのRAMを搭載」している事が判明しています。iOS15でどれだけ最適化されているかも気になります。

何はともあれ、新型iPad miniの良さはこのコンパクトなボディにあります。8.3インチのコンパクトなタブレットにも関わらず、最新のハイエンド・スマートフォンのiPhone 13 Pro、Pro Maxと同様のグラフィック処理パワーを持ち、モバイルデバイス最速に近い処理パワーを持っているわけです。しかも、アップルペンシル2、5Gにも対応し、コレだけでも買いと言えるでしょう。持ち歩けるコンパクトなボディの利点を活かすためにも、セルラーモデルをチョイスが1番オススメです。

新型iPad miniは、iPadファミリーで1番売れるでしょうね。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720