「Call of Duty Vanguard」ベータ版の比較。Xbox Series Xでは平均レンダリング解像度が高く、PlayStation 5は反射エフェクトの解像度が高い模様。

Game | Microsoft | SONY

YOUTUBEユーザーのElAnalistaDeBitsが公開した比較動画の結果によると、CALL OF DUTY: Vanguard ベータ版で「PlayStation 5」と「Xbox Series X」の両バージョンは、ダイナミック解像度(可変解像度)の範囲が1620p〜2160pと同じですが、「Xbox Series X」バージョンの方が平均して描画解像度が高く推移しているようです。

また、PS5、Xbox Series X|Sの全てで安定したパフォーマンスで、PlayStation 5の反射エフェクト解像度が優れているようです。

全てのCall of Duty:Vanguardのバージョンにリコンストラクション(再構成)技術を使用しているようです。Xbox Series Sは、約900p〜1440pのダイナミック解像度(可変解像度)との事。

今回のベータ版では、特に120HzのXbox Series Xバージョンで、ポップイン、アセット、テクスチャ・エラーに関するバグが発生しているようです。

  • シャドウ、テクスチャ、葉の量、パーティクルは3つのプラットフォームで全て同じ。
  • 映り込みのリフレクション・エフェクトはPlaystation 5の方が解像度が高い。
  • Xbox Series Sでは描画距離が若干短い。
  • Xbox Series Xでは、被写界深度を無効にしている箇所がある。
  • すべてのバージョンで、60fpsの安定した動作を実現。
  • Xboxシリーズでは、ティアリングに加えて、一部の場面(特にホテル)で120fpsを維持できない問題が発生。

現時点のベータでは以上の問題が発生しているようです。特にXboxシリーズで多く発生しているようですが、あくまでもベータなので、製品版では改善されている可能性があります。個人的に感じたのは予想外にXbox Series Sが健闘しているなと。解像度を気にしなければ、コスパは最強マシンですね。

「コール・オブ・デューティ: ヴァンガード」は、PC、PlayStation 5、PlayStation 4、Xbox Series X、Xbox Series S、Xbox Oneで11月5日に全世界で一斉発売されます。🔚

Source: Youtube Channel : ElAnalistaDeBits

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720