PlayStation Showcase 2021を観た後の個人的な感想。

Game | PC | SONY

早朝5時に配信されたPlayStation Showcase 2021、先程通しで観てみて個人的に気になったタイトルと感想を簡潔に書いていきたいと思います。あくまで個人的に気になったタイトルと意見ですので、ご容赦を。

『SPIDER-MAN 2』

噂通り、ヴェノムが登場して終わったトレイラーですが、映画でも2作目の「ヴェノム2」が来月公開され、ヴェノム自体の認知度も上がってきて、満を持して登場という感じですね。PS5でのインゲーム映像も高精細でクリア、非常に綺麗なグラフィックでした。ヴェノムとの激しいゲームプレイでも観れるのかと期待しましたが、顔を一瞬出して終わりw

ま、顔見せ的なトレイラーでしたね。今後の新映像は今年末のゲームアワード授賞式か、来年のE3でしょうか。。発売は2023年。まだ当分先ではありますが、早くスパイダーマンとベノムのゲームプレイが見てみたいものです。

MARVEL『WOLVERINE』『Gurdians of Galaxy』

今回のショーケースでは、スパイダーマン2を筆頭にとにかくMRVEL作品が多いなと感じました。『WOLVERINE』はスパイダーマン、サンセット・オーバードライブを開発した現在はソニー傘下のインソムニアック・スタジオが開発で、発売日はアナウンスされていません。スパイダーマン2にウルヴァリン、、インソムニアックスタジオ、大忙しです。

『Gurdians of Galaxy』はエイドス・モントリオール(パブリッシャーはスクエニ)が開発のようで、シングルプレイ専用のサードパーソン・アクションアドベンチャーゲームで2021年10月26日発売です。

『UNCHARTED Legacy of Thieves Collection』

正直、PS5だけでなくPCでも同時リリースされるとアナウンスされたのは、個人的にサプライズでした。既にSIEのジム・ライアンCEOは、『Death Stranding』『Horizon Zero Dawn』『Days Gone』のPC版発売後、プレイステーション・コミュニティからネガティブな反応もなく、PC版も好評だった事で今後もPC版で様々なタイトルをリリースしていくと明言していたので、ソニーのタイトルがいずれまたPC版でリリースはされるとは思っていましたが、思った以上に早くソニーの本命『UNCHARTED』がリマスターで来たなと。しかもPS5と同時です。

『ALAN WAKE : Remastered』

数日前にRemedyコミュニティで先行発表された、『Alan Wake Remastered』。リマスターとは言え、まさかプレイステーションのショーケースで映像が先行公開されるとは。。トレイラーでは「プレイステーションで初」と強調されてました。当ブログでも昨年記事書きましたけど、この経緯はマイクロソフトがAlan Wakeの権利をRemedyに譲渡した事で、可能になったわけです。

どうやら、マイクロソフトは当時Alan Wakeの続編を作る気がなかったようですね。。おそらく、Xbox360版のAlan Wakeはマイクロソフトが期待したほどのセールスを達成出来なかったのかもしれません。素晴らしい作品なんですけどね。。

Alan WakeのXbox360版の開発も当時は、延期に次ぐ延期で長引いた事で、開発コストもかかったと思われるので、採算性でも良くなかったのかもしれません。

Xbox OneとPCでリリースされた『Quantum Break』も、元はRemedyがAlan Wakeの続編を作りたいと企画提案したものの、マイクロソフトが興味を示さず、マイクロソフトが新作を望んだ事でそのアイデアを発展させたのが『Quantum Break』になったと言われています。

当ブログ関連記事:【AWEネタバレ】CONTROL最後のDLC「AWE」でアラン・ウェイク2が2022年のリリースを予告か。マイクロソフトがAlan Wakeの権利を手放したのは失敗かもしれない。

トレイラーを見ると、どうやら先日の先行発表で明かされたように、キャラクターモデルの改善の他に、シネマティクス(カットシーン)自体も大きく解像度が向上しているようです。↓

やはりこの手の作品は、ゲームが高解像度になってもカットシーンで解像度が低くボケボケですと、没入感も削がれるのでこの改善点は非常に大きいですね。その点でPC版がそうでした。PC版で3840×2160の高解像度でプレイしても、カットシーンがいきなりXbox360版と同様の低解像度になるので、プレイしていて非常に違和感がありました。

しかし、今回のリマスターで最新技術によってブラッシュアップされ、ようやくAlan Wakeの世界観にどっぷりと浸る事が出来そうです。ただし、基本的なゲームメカニックや操作性などゲーム自体には一切手が加えられてないオリジナルです。

Remedyのサム・レイク氏は先行発表時のオープンレター「皆さんが何年も前にプレイしたオリジナルです。私たちはそれを変えたくはありませんでした。」述べています。PS4とPS5、XboxOne、XboxSeriesX|S、PCで10月5日にリリースされます。

『Gran Turismo 7』

2022年3月4日に発売される事がアナウンスするトレイラーが公開されました。2022年末くらいなのかなと思っていたので、予想以上に早い発売日で驚きました。Forza Motorsport 8もこのあたりなのでしょうかね、、

トレイラーは重厚なパイプオルガンの音楽が流れ気品高い雰囲気で始まり、豊富なゲームプレイ映像、そしてカスタマイズやステッカー機能なども見られ、このカスタマイズ部分に関してはようやくForzaに追いついたかな?という印象。車種も多そう?です。正直、GT5に始まり、GTスポーツと本当にガッカリさせられたので、今回のGT7には発売時からしっかりとした充実のボリュームと内容の出来に期待したいところです。

『God of War : Ragnarok』

最後のトリに相応しいタイトルですね。個人的にもGod of Warは1、2、3、そしてリブート版のGod of Warとプレイしてきていますが、PS4版でTPS背後視点になってゲームプレイの迫力もメカニックも進化したと思いますし、子供とのバディシステムも悪くは無いですが、そろそろ“原点回帰“とまでは言いませんが、1〜3作のようにクレイトスが一人で切り開いていくようなゲーム、そしてダークな世界観の作品も期待したいところです。

🔚

5 件のコメント

  • 新作情報も多々あったものの、続編、リメイクが多かったせいもありやや新味に欠ける発表会でしたね、おっしゃる通りマーベルばっかりw
    新作は出来てないので当然ですが一瞬のティザーのみでしたし…
    state of play と似たような方向性というか
    トップに持ってきたことでもわかるように、目玉はスターウォーズ オールドリパブリックのリメイクがSIE制作ということで、おそらくPS5独占ってとこですかね…これまでのEAのスターウォーズのゲーム化権?が切れたのでついに来たかって感じです

      • PV冒頭に思いっきり“ Sony Interactive Entertainment presents “って表示されてますよ?
        まぁ昨今PS4縦マルチになったり後日PCにも提供されるケースがあるのでどういう独占形態になるかはわかりませんが

        • Aspyrが開発を担当します。ロゴも出てますし少し調べればわかると思いますが。
          販売形態はPS5とPCで同時発売です。時限独占についてはEurogamerが報じてますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720