【DigiTimes報道】アップルがmini-LEDディスプレイを搭載した新型MacBook Proを今秋に“予定通り“発売する模様。

Apple | PC | 家電

DigitimesAsiaの報道によると、Appleの次期MacBook Pro向けのLEDサプライヤーは、miniLEDチップやその他の半導体不足に関する最近の報道を受けて、アップルの新モデル向けの出荷は予定通りであると述べていると、業界関係者が伝えています。

Appleは2021年10月か11月にminiLEDバックライトを搭載したMacBook Proシリーズを発表する可能性が高く、2021年の総出荷台数は400万台近くになると関係者は述べています。

レポートによると、miniLEDバックライトを採用する12.9インチiPad Pro、14インチおよび16インチMacBook Proの主要サプライヤーであるGeneral Interface Solution(GIS)社は、2021年上半期に50億台湾ドル(1億7900万米ドル=約197億円)を投資して、中国・成都の工場でタブレット用タッチモジュールの生産能力を拡大しているようです。

12.9インチiPad Proや14・16インチMacBook Proのバックライト用miniLEDチップの主要サプライヤーである、Epistar社の8月の連結売上高は22億1,800万台湾ドルで、前月比8.62%増、前年同期比110.10%増、1-8月の連結売上高は132億4,400万台湾ドルで、前年同期比77.43%増との事。

これら関係者の話が本当ならば、先日アナウンスされた9月15日午前2時に開催されるアップルの発表イベントではiPhone13をメインに、新型のAir Pods、iOS15などで、遅れて10〜11月のイベントで改めてMini LEDを搭載したMacbook Proを発表するんでしょうかね。。

世界的に半導体不足で主要メーカーに影響を与えている中、アップルから外観から新しいシリコンまで再設計したMini LED搭載ディスプレイのMacBook Proが、今秋に予定通り発売されることは良い事ですね。さすがアップル。量産規模で優先的に製造ラインを押さえているんでしょうか。。噂ではM1より強力なM1X(M2?)が搭載されると言われています。

via Digitimesasia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720