iPhone 13が低軌道衛星通信(LEO)に対応?しかし、一部の市場でのみ提供との噂。

今月9月後半に発表される予定のiPhone 13シリーズは、外観こそiPhone12ファミリーとあまり変わらないものの、120HzのProMotionディスプレイや、大型化され大幅に強化されたカメラモジュール、スピーカーをベゼル部に移動してより幅が狭くなった小さいノッチ部などでアップグレードされる事が予想されています。

また、新たな情報として「iPhone 13」がLEO衛星通信(低軌道衛生通信)をサポートするようになるようです。今回の新たな報道によると、LEO衛星通信システムは、一部の市場でのみiPhone 13モデルに搭載されるとのこと。

ブルームバーグのMark Gurman氏による最新のPower Onニュースレターで、Appleが一部の市場でのみiPhone 13モデルにLEO衛星通信を導入する計画を述べています。

Image: 総務省電波利用ホームページ

LEO衛星通信システムは、スマートフォンのネットワーク回線がないエリア外の場所でも、メッセージの送信や通話が可能です。Gurman氏によると、アップルは独自の衛生群を飛ばし、デバイスにデータを送信出来るように想定しているようで、その計画が軌道に乗るのは何年も先になるでしょうと述べています。衛生通信機能、、日本ではおそらく対応しなさそうな機能ですね。。

Gurman氏は、iPhone13には現時点ではまだ準備が整っていない衛星通信用の新しいハードウェアが搭載される。と述べています。衛生通信を利用するには屋外にいる必要があり、更に衛星からの信号を受信するのに1分ほどかかるようです。

「この衛星通信機能によって、iPhoneが衛星電話として利用出来るようになり、携帯電話の電波が届かない世界のどこからでも通話ができるようになるのではないかという質問がありますが、その答えは、「ノー」です。今も、来年も、近い将来にも、そんなことは起こりません。」と述べています。

衛生通信機能に関しては、余程世界各地を飛び回り、受信出来ないような地域にも行く方にとってはありがたい機能ですが、少なくとも一般の方にとっては必要のない機能かもしれませんね。。とは言えど、ここ日本でも電波が届かないようなエリアは多く存在するので、そのような地域にお住まいの方には良いかもしれませんが、、しかし衛生通信は高額なようですし、やはり一般的とは言えないかもしれませんね。。

iPhone13ファミリーは今月9月中旬〜下旬にアップルウォッチ シリーズ7と共に発表されると予想されていますが、アップルウォッチ シリーズ7のディスプレイ量産が難航しているとの報道もあり、シリーズ7の発表が延期されるのか、もしくは発表されても初回出荷は数が少ない、または発売は遅れるなど情報が錯綜しています。🔚

via ブルームバーグ MarkGurman Power on Newsletter , 総務省電波利用ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720