【よりリアルなエンジンサウンドに進化】Forza Horizon1〜5までのサウンドの進化が分かる動画。

YOUTUBEユーザーのCROWNEDが、Forza Horizon 1〜5までの全作のエンジン・サウンドの比較動画を公開しています。

動画ではスープラ、ランチア・ストラトスのエンジン・スロットルを開けて空ぶかし、そして走行時のサウンドを1〜5まで比較しており、合わせてグラフィックの進化(特にライティング)も分かります。

Forza Horizon 1〜4までは、ダイノ方式というややデッド気味の空間で、シャシーダイナモ計測機のような台に車両を載せ、回転数を上げてそのサウンドを録音していました。

Forza Horizon 5からは実際にサーキットを走行した音を収録し、その結果様々なメカニカルノイズも聴こえるようになり、更にオーディオ・レイトレーシングを採用、実際のゲーム内空間に適したリアルな残響音、デッドサウンドなど全面的にサウンドが改善されており、よりリアルなエンジンサウンドになっています。タイヤの音も向上しているようで、車種によって音が異なる事まで再現されてるとの事。

当ブログ参照記事:【ほぼ全面リニューアル】「Forza Horizon 5」は、オーディオ品質が全てにおいて飛躍的に向上。

更に、Xbox Series X|Sでプレイすると、新しい圧縮フォーマットによってより忠実で高品質なオーディオサウンドが可能になり、向上することがPlaygroundによって確認されています。この向上は、車の音だけでなく、すべての効果音、そして音楽にも適用されるとの事。

Forza Horizon 5ではグラフィックだけでなく、サウンド面で大きな向上が見られそうで、非常に楽しみです。Forza Horizon 5で得たノウハウや技術は当然、Forza Motorsport最新作にも惜しみなく投入されると思うので、Forza Horizon 5だけでなく、来年リリース予定?のForza Motorsportにも大いに期待して良さそうです。🔚

via YOUTUBE User Crowned

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720