ディスカバリー+で今年1月に公開された新作UFOドキュメンタリー「UFO目撃者」の全8話のエピソードリストと紹介の日本語訳。

元連邦捜査官で、超常現象調査ジャーナリストのベン・ハンセンが製作した新作UFOドキュメンタリー「UFO目撃者」が今年2021年1月中旬からディスカバリープラスで公開されました。

1952年〜1970年まで活動していた空軍の極秘UFO調査チームプロジェクト・ブルーブックの元調査官で、当時の関係者では最後の生き証人とも言えるジェニー・ゼイドマン氏が協力している事でかなり中身の濃いドキュメンタリー作品と言えそうですが、日本ではディスカバリー+サービスが終了してしまった事もあって、中々観るチャンスがなさそうなので、とりあえず公式英語サイトの解説とエピソードリストの日本語訳をご紹介したいと思います。是非とも日本でも観る機会を作って欲しいなと思います。


元プロジェクト・ブルーブック調査官のジェニー・ゼイドマンの協力を得て、歴史上最も驚異的なUFOとの遭遇のケースファイルを、何十年もの間、世間から隠されていたファイルを再調査した。新シリーズ「UFO WITNESS」では、これらの調査結果がついに日の目を見ることになる。

ゼイドマン氏は、1952年から1970年まで目撃情報を調査した空軍の極秘UFO調査「プロジェクト・ブルーブック」の最後の生き残りのメンバーでした。彼女は沈黙を破り、数十年にわたる調査について初めて公に語りました。彼女が専門知識を共有する動機となったのは、私たちが以前に地球にUFOの訪問を受けたことがあると信じているからで、地球が地球外の監視下に置かれていることを恐れています。悲しいことに、ゼイドマンは2020年4月に亡くなりましたが、彼女はdiscovery+に対し、プロジェクト・ブルーブックの主任科学コンサルタントであるアレン・J・ハイネック博士のファイルへの独占アクセス権を与え、調査の継続に役立てています。

1万件を超えるハイネック博士の事件簿に前例のないアクセスが可能になり、ハンセンはアメリカのUFOの答えは過去の事件に隠されていると信じている。そのハンセン氏に協力するのが、UFO研究家でハイネック博士の伝記作家であり、J.アレン・ハイネックのUFO研究センターのメンバーでもあるマーク・オコネル氏だ。この二人が一緒になって過去の秘密を解き明かし、今日の最新のUFO遭遇に新たな光を当てていく。

EPISODE 1:国家の秘密

2017年、米国防総省は、海軍がUFOと遭遇した際の様子を戦闘機のカメラから収めた3つの動画を流出させた。3つとも “チックタック “に似た物体が登場していた。しかし、この形状の物体に関するUFO遭遇の報告は、これが初めてではない。1973年には、州兵のヘリコプターが同じような物体と衝突しそうになったが、政府はその証拠をすべて隠すか破壊した。そして、「チックタック」の形をした物体は現在も報告されており、ベン・ハンセンはこの物体が何なのか、この世のものではないテクノロジーを扱っているのかどうか、記録を深く掘り下げていく必要がある。

EPISIODE 2:UFO墜落の秘密

ペンシルベニア州のケックスバーグでは、過去1年間に数多くのUFOが目撃されている。ケックスバーグは、UFOが墜落し、軍が隠蔽したとされる悪名高い場所だ。ベン・ハンセンは、現在の目撃情報が1965年の事件と関連しているのかどうかを確かめるため、この小さな町に向かった。

EPISODE 3:エイリアンの高度なテクノロジー

著名な宇宙物理学者が、墜落したUFOの部品を再利用して作られた航空機の開発に携わっていたという、驚くべき新事実が明らかになった。ベン・ハンセンは、アメリカ政府がどのようにしてエイリアンのテクノロジーを手に入れたのか、そしてそれをどこに隠しているのかを探ります。

EPISODE 4:接近遭遇

ベン・ハンセンは、裏庭で地球外生命体に声をかけられたという女性の証言を調査するため、フロリダに向かった。この信憑性の高い目撃談が、1955年に起きた同様の事件「ケリー・ホプキンスビルの遭遇」と関連しているのではないかと考えている。

EPISODE 5:マザーシップの帰還

1997年、アリゾナ州フェニックスの上空で、2万人以上の人々が明るい光を目撃した。しかし、アメリカ政府はこの出来事を認めようとしなかった。ベン・ハンセンは、こうした大量のUFO目撃情報がどのようにして隠蔽されているのか、調査を開始する。

EPISODE 6:夜の爪あと

毎年、何千人もの人々がUFOを目撃しているが、拉致されたと主張する人はほんの一握りである。しかし、彼らの話は真剣に受け止められていない。ベン・ハンセンは、なぜこのような主張が無視されているのか、その理由を明らかにしようとしている。

EPISODE 7: 地下のエイリアン

ニューメキシコ州の小さな町ドゥルセ(ダルシー)には、アメリカの最も暗い秘密のひとつであるエイリアンの地下基地があるかもしれない。ベン・ハンセンはその噂が本当かどうかを確かめるためにニューメキシコを訪れ、UFOの目撃情報や宇宙人の誘拐などを発見した。

EPISODE 8:ハイブリッドの秘密

ベン・ハンセンは、地球外生命体の交配計画の可能性を示す証拠を見つけ、エイリアンと人間のハイブリッドに関する答えを求めて、カリフォルニア州サンフランシスコのベイエリアに向かう。彼は、世界で最も有名な誘拐事件のひとつであるベティ&バーニーヒル事件との関連性を疑う。

🔚

via Discovery+ UFO Witness

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720