ソニー、PS5の2022年度年間出荷台数2,260万台以上を目指すと株主総会で表明。

時事通信の報道によると、ソニーは2022年度(2023年3月31日までの1年間)のPlayStation5本体の出荷台数を2,260万台以上とする計画のようです。

もしソニーがこの目標を達成すれば、初代「プレイステーション」が1998年度に2,260万台を出荷した際に記録したゲーム機販売記録を24年ぶりに更新し、過去最高となります。

「プレイステーション」SIEのCEOであるジム・ライアン氏は、5月に行われたソニーの投資家向けにPS5の販売目標を明らかにし、ソニーCEO吉田憲一郎氏は、22日火曜日午前中に東京都内で行われたソニーの株主総会でこの目標を改めて表明したようです。

PS2は2002年度に2,200万台、PS3は10年度に1,440万台、PS4は16年度に2,000万台の年間販売台数のピークを記録しています。

ソニーはサプライチェーンの問題(半導体不足)により、目標達成が困難になる可能性があることを認めています。更にソニーはPS5が2021年中は品薄が続くかもしれないと予想しています。

しかし、SIE CEOのジム・ライアン氏はPS5の供給不足に関して、先月Wiredに「我々はこの状況を改善するために全力で取り組んでいる。」と述べています。更にソニーCFOの十時裕樹は「世界的な半導体不足に対応するため、ハードウェアの設計変更や更なるサプライヤーの確保など、さまざまな解決策を検討している。」と今年4月に語っています。

更にAMDのリサ・スーCEOも今年前半に2021年後半以降は生産強化が整い、需給は少しづつ改善するだろうと述べています。

当ブログ参考記事:PS5とXboxSeriesX|SのSOCサプライヤーAMD、供給問題は「今年の前半までは続く」と予想。

ソニーだけでなく、マイクロソフトも一人でも多くのゲーマーに届けたいとしていますし、SNSを見ても単発的とはいえ定期的に入荷や在庫復活、抽選販売も行っているので、徐々にではあるものの供給は続いているようですので、もうしばらくの辛抱かもしれません。

via 時事通信, VGC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720