【DF】「ゴッド・オブ・ウォー」の60fpsアップグレードがPS5で実現。驚異的なゲームの最終仕上げ

プレイステーション4向けの2018年の『God of War』が遂にプレイステーション5向けの1.35パッチを受け、『Days Gone』や『Ghost of Tsushima』の同様のアップデートと同様に、60fpsのアップグレードが施されました。

テック解析で知られるデジタルファウンドリは、「ソニーのファーストパーティの大作と同様に、そのインパクトは一変しており、これはパズルの最後のピースのようなもので、オリジナルのリリースは、4Kグラフィックス、究極のディテール、驚異的なライティング、そして優れたパフォーマンスで非常に印象的だったが、60fpsという極めて完璧な映像は、PS4とPS4 Proを限界まで押し上げたゲームの最後の仕上げと言える。」と絶賛しています。

PS5ではチェッカーボードレンダリングによる 4K 60fpsとなるようです。一つ注意したいのは、PS5の機能を活かしグラフィックがアップグレードされたわけではなく、フレームレートを60fpsに引き上げただけだという事です。

私個人としてはGod of Warのようなアクションゲームはちょっとしたエフェクト向上などより、60fps安定のインパクトこそ1番大きいと思うので、問題ないと思いますが、グラフィックアップグレードに期待した人にとっては、ちょっと残念かもしれません。

PS4、PS4Proで30fpsのゲームを60fpsに引き上げるのは素人目には簡単なように見えますが、元が30fpsロック前提で開発された場合は、そうもいかないようです。

ノーティードッグの大作、Last of Us Part 2はなぜ、60fpsのアップグレードを受けていないのか?ということもあります。DFによると、他のタイトルはフレームレートを上げるためのロックを解除するのがかなり簡単な場合でも、Last of us Part 2は他のゲームほど簡単ではないようです。

エンジンの設計方法自体が違うようで、Death StrandingをPCで高フレームレートで動作させるための努力、Horizon Zero DawnがPC版で困難に直面したことを見れば、単純に30fpsの制限を取り除いただけでは済まないという事のようです。

ノーティードッグがMarvel『Spider-Man: Remastered』のように、PS5のためにフルリマスターを目指すのかどうか気になるところです。

via DigitalFoundry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720