先日公開された、ベセスダの「インディアナ・ジョーンズ」 ゲームのティザートレイラーから断片的に分かる事。

先日突如公開された、ベセスダとマシンゲームズ開発によるインディアナ・ジョーンズ(レイダース)の新作ゲームのティザートレイラーですが、突然の発表で正にサプライズ発表でした。

ゲームについてはオリジナルのストーリーが描かれること以外は、ほとんど明らかにされていませんでしたが、めざといファンは公開されたティザートレーラーを調べ始め、いくつかの興味深いものを発見したようです。

インディの机に散らばっていた中の1937年の日付の付いたローマ行きのチケット、そしてバチカンの地図です。

1937年は映画1作目の「レイダース失われたアーク」そして2作目の「インディアナ・ジョーンズ魔宮の伝説」の後で、3作目の「インディアナ・ジョーンズ最後の聖戦」の前、つまりは2作目と3作目の間のインディが描かれる可能性があるようです。

1937年はムッソリーニがヒトラーのドイツと同盟を宣言した年でもあるので、もしかするとインディはゲーム内のクエストではナチスが敵になるようです。そして、ローマ行きのチケットとバチカンの地図のヒントからは、クエストにはダ・ヴィンチ・コード風の謎や、遺跡、トレジャーなどを集めるなどのミッションがあるのかもしれません。

ベセスダのマーケティング・バイスプレジデントであるピート・ハインズ氏が、トッド・ハワード氏がインディアナジョーンズの新作ゲームのプロデューサーに就任したが、「スターフィールド」や「エルダースクロールズ6」の監督であり、これらへの影響はありませんと明言しています。

インディアナ・ジョーンズの発売日と対応プラットフォームに関しては、まだ確認されていません。インサイダーによると、Microsoftがベセスダを含む、MachineGamesまで所有しているにもかかわらず、このゲームはマイクロソフトが買収する前に決まっていた契約だそうで、Xbox独占である可能性は低く、マルチ展開するのではないかとも言われています。

1937年という年代から、映画では不評だった「クリスタルスカルの王国」に出てくるような、エイリアンなどは出て来なさそうで、3部作の「インディアナ・ジョーンズ」の世界観を堪能出来るゲームになるかもしれないので、ちょっと期待感が増します。🔚

via wccftech

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720