【Forbsレポート】LGは、最新の有機ELテレビで発生しているnVIDIA RTX 30シリーズ接続時の不具合を修正することを約束。

LGの最新の有機ELテレビ「Xシリーズ」は、次世代ゲーム機のヘビーなグラフィック要求に対応するために、他のどのブランドのテレビよりも優れた機能を備えていることに疑いの余地はありません。

しかし、次世代機能の第一弾で、既にいくつかの問題が発生しています。nVIDIAのRTX 30シリーズのグラフィックスカード接続時の問題です。

LGは、Forbsが以前にも報告したように、nVIDIAの可変リフレッシュレート技術「G-Sync」を120Hzで使用したときのブラックスクリーンと、かなり醜いクロマ・ダウンサンプリングに関連する2つの大きな初期問題を最近のファームウェア・アップデートで既に解決しています(ほとんどの所有者は)

しかし、LGの2020年モデルの有機ELテレビのXシリーズでRTX 30シリーズのグラフィックカードを使用しているユーザーから、更なる問題が報告され始めました。

高いフレームレートとカラーサンプリング設定でG-Syncを使用した場合に顕著なスタッタリング(カクツキ)です。

このスタッター効果(カクツキ)は、画像が一瞬フリーズし、その後数フレームごとにスキップしてしまい、結果的にカクついて見えてしまします。これは、G-Syncの可変リフレッシュレート技術での超スムーズな映像体験とは程遠い状況です。

ユーザーは、スタッターが発生する場所の設定を以下のようにまとめています。そして、スタッターが発生しない比較的低帯域の設定が1つだけあるようです。

4:2:0

8bit 3840X2160 120Hz 4:2:0 NO G-SYNC Stutter

10bit 3840X2160 120Hz 4:2:0 G-SYNC Stutter

4:4:4

8bit 3840X2160 120Hz 4:4:4 G-SYNC Stutter

10bit 3840X2160 120Hz 4:4:4 G-SYNC Stutter

RGB

8bit 3840X2160 120Hz G-SYNC Stutter

10bit 3840X2160 120Hz G-SYNC Stutter 

上記のリストは4Kフィードのみを対象としているようですが、しかしこの問題は1080pや720pでさえも影響するようです。

先週、Forbsでは上記の情報を図解付きのビデオとともにLGに提供したようです。そして、LGのエンジニアは今回の問題もファームウェアのアップデートで修正できると問題であると確信していると回答しているようです。

しかし、このアップデートは、前回のRTX 30シリーズの問題を修正したアップデートのようにすぐにアップデート配信できるようにはならないようです。

Forbsによると、LGは年末までには「スタッター」改善のファームウェアアップデートを配信したいようだとしています。

とはいえ、年末まであと数ヶ月です。

Forbsによると、この問題はOLED CXシリーズの40GbpsのHDMI帯域幅(2019年のC9モデルでサポートされているHDMI 2.1の最大48GBpsと比較して)に関連して潜在的に克服できない可能性を懸念されていたことを考えると、修正が可能であるというLGからのニュースは、すべての有機EL Xシリーズテレビのユーザーにとっては、大きな安堵感を与えることになるだろう。としています。

しかし、この記事を見ると、やはりOLEDのCXは40Gbpsまでのようです。。HDMI帯域幅に限っては、昨年モデルのC9の方が48Gbps対応で旧型モデルの方が良いという珍現象になってます。これは結局のところ、LGが5月に出した声明(2019年モデルはフル帯域48Gbpsに対応、2020年モデルは一部の8Kモデル以外は40Gbpsとアナウンス)と一致する内容ですが、そうなると2020年モデルのNANO91がフル帯域の48Gbpsに対応している?というのは5月の声明とは一致しません。

結局のところ、2019年モデルのOLED C9と同じチップがNANO91に採用されている事で、2020年モデルの中では例外で対応している?という事でしょうか、、

しかし、40Gbpsまでだからとは言っても、次世代機のプレイステーション5やXboxシリーズX、シリーズSでプレイする分には、全く問題にはなりませんので、余程48Gbpsにこだわらない限りは気にしなくてもよいしれません。🔚

via Forbs

2 件のコメント

  • 同じフォーブスで、今度はDENONやマランツ、ヤマハなどの今年から出てきたHDMI2.1対応AVアンプがチップセットの不具合でRTX3000シリーズやXboxSXで現在接続に問題が出ているとの報告がありました。多分、PS5でも同様の問題が出そうです。なかなか初物の規格は難しいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720