ソニーがPS5を一部のジャーナリストとYOUTUBERに公開、PS5日本語版プレビューでは静粛性とクイックロードをアピール。

ソニーは、数人の日本の関連メディア、ジャーナリスト、YouTuberにPS5を披露し使ってみた感想を公開しました。

この事から判明したのは、PlayStation 5は非常に静かなゲーム機で、ほとんどのユーザーは冷却ファンが動いていることに気づかないほど静かだということです。これは、今までの4年間、PlayStation4Proの動作音の大きさに悩まされてきた人にとっては、朗報と言えるでしょう。

もうひとつの注目点は、PS5に搭載されている5500MB/秒のRead速度(Xbox Series Xは2400MB/秒)を誇る爆速のカスタムNVMe M.2 SSDとそのカスタマイズされたストレージソリューションです。

ファミ通がYouTubeにアップした動画(解像度4K)では、日本スタジオが開発し、全機種にプリインストールされている「Astro’s Playroom」や、PCでも発売が予定されているルーター・スラッシャー・アクションRPG「Godfall」などのゲームで、超高速ロードを実現している様子を見ることができます。

DualSenseコントローラーのユニークな機能も称賛されました。例えば、Godfallでは、Counterplay Gamesの開発者が約束していたように、Melee武器には独自の触覚フィードバックを感じることが出来ます。それに加えて、ハプティックフィードバックには方向性があるので、キャラクターが左手にシールドを持っていて、それでブロックすると、PS5のコントローラーの左側に振動を感じるようになります。他にもコントローラーに息をふきかけると、画面に反応するなど面白い機能もアストロルームのプレイで披露されました。

アウトロルームをプレイしたYOUTUBERのヒカキンの奇妙なリアクションは海外でウケたらしく、様々なコラ画像やGIFが作られて早速イジられてますw

https://twitter.com/wolf07sniper/status/1312952414073507841?s=21

後は、細かい変更点として、システムメニューの操作の決定ボタンが、グローバル設定と同じ「×ボタン」になったことです。日本のプレイステーションでは、グローバル設定とは対照的に、○ボタンを使用していましたが、PS5からは決定ボタンは×ボタンになるという事です。また、システム起動時の映像や、DualSenseコントローラーの詳細を確認する映像もあります。

PS5は11月12日に米国、カナダ、日本、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランドで発売されます。

その他の地域では、さらに1週間後となります。価格はデジタル版が税抜き39,800円、UltraHD Blu-rayドライブ付の通常版が税抜き49,800円となっています。

いよいよ発売まで1ヶ月強となり、発売が待ち遠しいですね。私はRTX3090(MSi RTX3090 Gaming Trio24G)とXbox Series Xは確保しましたが、PS5はまだです。。後は、ソフマップの抽選にかけたいと思います。。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720