DiRT5 テクニカルディレクター デビッド・スプリンゲート氏「XboxシリーズXと並行してのシリーズSの開発は正直、非常に簡単です。」

デジタルファウンドリーのテクニカルライターのリチャード・リードベター氏が、DiRT 5のテクニカル・ディレクターであるデビッド・スプリンゲート氏とPAX x EGX 2020 オンライン・ディスカッションし、XboxシリーズSについて、DIRT 5の最適化プロセス、スプリンゲート氏の考えなど、非常に興味深い内容が語っています。動画のディスカッションの中から重要な一部を抜粋して日本語訳を掲載します。

Q:XboxシリーズSは超格安で魅力的な製品ですが、XboxシリーズXをベースにシリーズSを開発する際、あなたの考えを共有することができますか?

DiRT 5テクニカルディレクター / デビッド・スプリンゲート氏

正直言って、本当に簡単です。随分前のことになりますが、マイクロソフトから最初に説明を受けたときに、彼らはXboxシリーズSはシリーズXだが、その代わりに解像度を1440Pをターゲットにすべきだ言っていました。

ゲーム開発者が新しいハードの仕様を知る瞬間があると思うんです。そして、もしものことを考えて、これで何ができるのかを考え、すべての異なるパーツを見て確認していきます。

Xboxの高速ストレージとダイレクトストレージで何ができるか、可変レートシェーディングやレイトレーシングで何ができるかなど、様々なことに目を向けていました。そして、それらをどのように適用するのかを考えました。

私たちは、あらゆる方法で品質を見ていきたいと思っています。

Image: Codemasters

もしあなたが可変レートのリフレッシュスクリーンやFreesync 2ディスプレイ、HDR10をサポートするTV、LGのCX 120Hz TVなどを持っているのであれば、可能であればそれを使用できるようにしたいと思っています。私はそれが欲しいと思いますし、私はそういった物を買うような人間なので、それらを動作するようにしたいし、それで美しく見えるようにしたいのです。つまりより品質の高い製品にしたいと思っています。

ですので、次世代プラットフォームでは、すべてのことに目を向けていると思います。確かに、素のパワーを向上させるための機能はたくさんあります。また、今までできなかったことができるようになるものもありますし、それを確実に使いたいと思っています。120fps固定を目指しています。

現在、プレイグラウンドモードのタイムトライアルでは、100〜110fps程度出ています。キャリアモードではまだ最適化は終わっていません。

まだDIRT5は完成していないので、タイトル全体で120fpsを実現できるようにしたいと思っています。

約束はできませんが、我々は120fpsで行くつもりです。プレイヤーに体験してもらいたいのです。

そこに到達するために 最善を尽くすつもりですが、 問題はゲーム性は妥協したくないので妥協も必要です。ですので、120fpsに到達するために、観客の数を元に戻すことになるかもしれませんし、IKアニメーションを少し下げることになるかもしれません。観衆の質を下げるかもしれないし、他にもいくつかは分かりませんが、ゲーム自体のフィーリングを変えたくないので、物理的な変更はしないでしょう。ですので、どこで妥協したいのか、どこで妥協するのかを考えています。

妥協してもいいものとそうでないものを見極めようとしているので、同じ体験をしてもらいたいと思っています。実際には、お使いのハードウェアに適した、できるだけ多くの異なるオプションを提供しようとしています。

しかし、Dirt5はハードウェアの異なる部分が膨大な量にまたがっているため、課題があります。シリーズSのようなものに意味をなさない30fpsのオプションはありません。なぜなら、XboxシリーズSは素晴らしいハードウェアだからです。

60fpsモードだけでなく、120fpsモードもあります。それをプレイヤーが選択できるようにしています。また、より多くのビジュアルオプションがあるかもしれませんが、おそらく非常に極端な状況ではフレームアウトしてしまいます。

Q:2日前、私は実際にDIRT 5が実行されているXboxシリーズSでキャプチャされたビデオを見たとき、私はマイクロソフトの完全性に中傷するつもりはありませんが、公開されたビデオは本当にXboxシリーズS上で実行されていた実機映像だったのですか?

私が運転しているのを見たくないでしょうから、私は運転していません。スタジオの一人が実際にコントロールパッドを持っていたんですが、私の机にある開発キットでキャプチャしました。そして、キャプチャした映像を直接、マイクロソフトに送ったのですが、その映像はまさにそのままで、XboxシリーズSで動作しています。私達はフェイクはやりません。

開発という点では、ハイエンドコンソール向けに高解像度のテクスチャパックが用意されていて、それを使用することができます。

そして、解像度をダイヤルバックして、時には群衆の量や天候の強さ、シャドウの質など、様々なプラットフォームに合わせて調整していきます。

Xbox Oneではクオリティの設定、パフォーマンスの設定があって、それとは全く違う設定になっています。

PS4の場合は、Xbox Oneのカーボンコピーではなく、PS4の強みを生かしたものになっています。実際にPS4のために作られたものになるだろう。

これは、PS4ProやXBOX ONE X、XboxシリーズS、XboxシリーズX、PS5を含むすべての異なる[SKU]で同じことが行われています。

でもそれは、同じXbox One X、PS4Pro、ベースのPS4にこだわっているユーザーさんに、それぞれ品質の高い体験を提供しようとしていることなんです。

このシステムには高品質のテッセレーションを可能にする何かがあるのかもしれないと思って、じっくりと見てみることにします。それを少しオフにしてみよう、、それは、これらの異なるシナリオのすべてでパフォーマンスに影響を与えます。私たちは最善を尽くしているので、異なるハードウェアのすべてを見て、適切なチューニングをしています。沢山のハードウェアを持っていて、特にスケーリングを考慮する必要があります。彼らは素晴らしい体験をしたいと思っていて、どうやってエンジンをそれらのものにうまく対応させるか。

Image: Codemasters

解像度をダイヤルバックして、シャドウの品質やテクスチャの品質を60fps固定、120fps固定、4Kにすることができるかどうか、多くのエンジンのように動的な解像度を採用して、それでできるようにしました。

しかし、目標は決してそれに頼るだけでなく、それを松葉杖のように使うことではありません。しかし、目標はそれを松葉杖として使うことではなく、実際にはゲームは45fpsでしか動作しないことを知っているが、動的解像度をオンにしておけば大丈夫だと言うことです。

実際、内部的にはタイトルをテストするときに動的解像度は無効になっています。目標は常にフレームレートを達成することなので、どこでどのくらいの速度で動作しているかを知ることができます。しかし、動的解像度はちょっと行き詰ったときの脱出用のロープになります。

DiRT 5のような、かなりクレイジーなゲームで起こる可能性のある様々なことをテストしようとしています。Xbox One Xで4K、ゲームが60fpsであることを確認しようとしています。

本当に美しい環境を手に入れたのに、突然12台の車が1つのショットに詰め込まれ、泥を蹴散らしているような状況になったときには、それが顕著なシナリオになるので、少し解像度を落とすことになるかもしれません。

でも、すべてのシナリオでエンジンのスケールをうまく調整することは、すべてのシナリオでの経験が重要な部分であり、楽しさを維持するために必要なことなんです。

しかし、PCでのスケーラビリティは非常に重要だと思います。私は主にコンソールプレイヤーですが、チーム全体の多くの人がPCゲーマーで、24コアのスレッドリッパーなどを購入した人は、ハードウェアがプッシュされることを望んでいると思います。そして、そのようなゲーマーの多くはゲームのために買っているのです。

DiRT 5は、その点では非常に優れた拡張性を持っていると思います。PCゲームを起動して、16コアが利用可能なのに4コアしか使っていないゲームを見ると腹が立ちます。私はそれを望んでいません。

そこで私たちが行うのは、起動時のCPUコア数を検出して、異なるCPUジョブのすべてを調整して、それらをまたいでスケールするようにしています。

この映像を見ているゲーマーの皆さんに知ってもらいたいのは、ダート5はコードマスターのための新しいゲームであると同時に、ダート2やダート3のようなゲームで見られるような伝統を学ぶことができるということです。すべては楽しむためです。

Image : Codemasters

楽しんでもらいたいが、素晴らしい品質でやってもらいたいとも思っています。ゲームでは最高の気分にさせたいし、見た目も最高にしたい。プレイステーション5と一緒にダート5を買った人には、それを後押しするタイトルを手に入れたと感じてもらいたいですね。

友達を招待して、スプリットスクリーンで楽しむことができる、そんなタイトルを手に入れたと感じて欲しいです。HDRで見ると、正直言ってHDRパネル購入を後押してくれるようなタイトルだと思います。

皆さんがDiRT 5をどう思うか、楽しみにしています。

チームの中で私がとても誇りに思っていることの一つは、カーモデルのアーティストです。そして、レースで少し違うものを探しているのなら、『プレイグラウンド』に注目してください。それは素晴らしい出来になっています。


皆さんが何を作り、そこで共有しているかを見るのを本当に楽しみにしています。

🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720