【驚異的な伸び】Xbox Game Passの加入者数が1500万人を突破。半年で500万人も加入者増。

MicrosoftがBethesdaやArkaneなどのスタジオのパブリッシャー兼親会社であるZeniMax Mediaを買収したという大きなニュースが報じられる中で、MicrosoftはXbox Game Passの加入者数が1500万人を超えていることも明らかにしました。

これは2020年4月発表の時点で1000万人の加入者だったので、約半年で500万人もの驚異的な増加となっています。

マイクロソフトのゲームパスは、月額850〜1100円支払うだけで、マイクロソフト傘下スタジオの新作が発売日初日からプレイ可能(ストリーミングではなく購入と同様にダウンロードしてプレイ)です。更に100タイトル以上のゲームがプレイし放題で、NETFLIX版のゲームサービスと言われています。

Image:日本マイクロソフト

ゲームパスUltimateなら、オンラインのゴールドメンバーも付き、更にPC版もプレイ可能で、マイクロソフトのファーストパーティタイトルなら、発売初日からプレイ出来ます。海外ではストリーミングでモバイル端末でプレイ出来る、xクラウドもフリーとなっています。

そして今日突如サプライズ発表された、ベセスダ・ソフトワークスの親会社であるゼニマックス・メディアを買収したことにより、The Elder Scrolls、Fallout、Wolfenstein、DOOM、Dishonored、Prey、Quakeがゲームパス入りし、今後出るこれらのタイトルの新作は発売と同時にゲームパス入りして追加料金なしでプレイ出来てしまうことを考えると、超強力なメンバーがゲームパスに入ってきたとも言えます。

マイクロソフトの狙いは明らかにゲームパスの強化で、今以上に加入者を増やすことに注力していると言えます。

更に、ゲームパスは年末にEA PLAYも加わるので、文字通り最強のゲームサービスというのは決して大袈裟ではないでしょう。ここまで豪華になると、もうゲームパスUltimateに入らないと、逆に損と言えるのではないでしょうか?

Image:Electronic arts, 日本マイクロソフト

私もゲームパスUltimateに加入していますが、PCで新作が遊び放題ですし、ゲームパスの良さは、普段自分がほとんどプレイしないようなタイトルもプレイ出来るので、試しにプレイしてみたら意外と面白いなと新たな発見もできることです。最近では「TELL ME WHY」がそうでした。

ゼニマックス・メディア グループの加入に加えて、今後はマイクロソフトの買収した総勢23!ものスタジオが開発する大作ゲームが続々と発売されるので、ゲームパス加入者は更に勢いをつけて増加する可能性が大です。海外では既にxクラウドのサービスも開始されたので、より幅広いユーザー層が加入する可能性もあり、このペースで行くと2000万人突破もそう遠くない先で、到達してしまいそうです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720