XboxシリーズX/SにはPlayStation 5のようにWiFi 6やUSB-Cポートは搭載されていません。

新しいゲーム機が発売されると、多くの人がCPUやGPUの速度、ストレージ、コントローラーなどに注目します。

マイクロソフトは最近、XboxシリーズX/Sの完全なスペックシートをリリースし、WiFiとUSBポートに関しては少し手を抜いている?ようです。

XboxシリーズX/Sでは第5世代のWiFi(802.11ac)規格PS5ではWiFi 6(802.11ax)規格が採用されます。WiFi 6の最大ダウンロード速度は9.6Gbps、WiFi 5の最大ダウンロード速度は6.9Gbpsとなっています。

これらのトップスピードは理論上のものではありますが、PS5はXbox Series X/SよりもWiFi経由でのダウンロード速度が約30%速くなっています。また、WiFi 6は、WiFiが密集している地域ではより安定していると言われているので、団地や公共の場所でワイヤレスでオンラインプレイをしようとしている人は、うまくいけば問題が少なくなるでしょう。

一方、マイクロソフトの仕様書ではXboxシリーズX/シリーズSは3つのUSB 3.1 Gen 1ポートを持っている事が事が分かります。 プレイステーション5は、USB-Cと標準ポートの両方を持っています。

USB-Cケーブルは標準的なUBCケーブル(最大10gbps)よりも多くの情報を転送することができますが、多くのゲーマーがUSB-Cケーブルに興味を持つべき理由は、より多くの電力を転送することができるため、コントローラや他のデバイスをより迅速に充電することができます。PS5のDualSenseコントローラーには、充電用のUSB-Cポートが搭載されていることが確認されています。

繰り返しになりますが、これは比較的マイナーな部分のものです。誰もがWiFiとUSBポートを基準に次世代機を選ぶとは思えませんが、それでもこれらは心に留めておくべき小さな質の問題です。

via wccftech

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720