DolbyがDolby Vision Gamingのホームページを公開。ゲーム機でDolby Vision Game、Dolby Atmos両対応となるゲーム機はXbox Series XとXbox Series Sになる事をホームページで発表。

Dolbyがゲーム版Dolby Visionのホームページを公開しています。そしてそのDolby Vision Gaming対応となる初のコンソールがXbox Series XとXbox Series Sになる事が記載されています。

既に先日マイクロソフトが公開したXboxWireの記事内で、Doby Vision Gameの対応をアナウンスしてはいましたが、Dobyが正式に公式ホームページを公開し、大々的に公開した事で、明確になりました。

ドルビーはホームページ上で、

「発売時にDolby Atmosゲームをサポートし、2021年にはDolby Vision®ゲームをサポートする予定で、XboxシリーズXとXboxシリーズSは、Dolby VisionとDolby Atmosの両方でゲームを楽しめる初めてのゲーム機となります。」

とアナウンスしています。

ドルビーによると、

「ドルビービジョンでプレイすると、従来のHDRゲームをも凌駕する明るさ、コントラスト、色、奥行きを備えた、最もリアルで臨場感のあるビジュアルがアンロックされます。見たままの世界を体験してください。」

「Dolby Visionでは対応ディスプレイでプレイする事により、最大40倍の明るさのハイライトと、10倍の深みのあるブラックが、激しい爆発と宇宙空間の深い空虚感をゲームにもたらします。深い豊かな色彩が画面から飛び出し、緑豊かな魔法の森から荒涼とした戦場へとあなたを連れて行きます。」

「より多くのコントラストと色は、より詳細なディテールとテクスチャを明らかにします。影を覗き込んだり、地平線をスキャンし、そして手遅れになる前にカモフラージュされた敵を見つけ出しましょう。」

「ドルビービジョンゲームは、プレイすると自動的にドルビービジョンディスプレイにマッピングされるので、常に全体像を見ることができます。」

「そして、サラウンドサウンドを超えたDolby Atmosは、三次元空間に各音を正確に配置することで、あなたの周りにあるすべての音をアクションの中心に置き、手遅れになる前に、ゲーム内の場所を素早くピンポイントで特定することができます。」

「より大きく、より広々としたサウンドスケープと、より深みと次元の高いサウンドスケープが、ゲームに透明感のある、髪の毛が生えたようなリアリズムをもたらします。頭上でも周囲の見えない音の距離や方向を検知することで、サプライズを予想したり、自分だけの待ち伏せを演出したりすることができます。」

「より詳細で明瞭なサウンドは、戦いの熱気の中にあっても、今まで見逃していた微妙な、ゲームを変えるようなサウンドを捉えることを可能にします。Dolby Atmosに対応したテレビ、サウンドバー、ホームシアターでDolby Atmosを起動したり、部屋いっぱいのサウンドを開放したりすることができます。」

ソニーは独自のテンペスト3Dオーディオテックとして頭部伝達関数(HRTF)を使った個人の耳や頭部の形状違いによる聞こえの違いを補正してより幅広い人にバーチャルサラウンド感の体験を広げるという試み。

それに対し、マイクロソフトは老舗の音響研究の大御所である、DOLBYと映像と音の両面でタッグを組み、次世代に挑むようです。

既に現行のXboxOneでDolby Atmos対応タイトルも出ており、Dolby Atmosヘッドホンで対応済みですが、XboxSeriesX、SeriesSで専用のオーディオハードウェアを搭載した事により、より高精度なDolby Atmos ヘッドホンによる、サラウンド感を実現してくれるかもしれません。

個人的にはソニーのテンペスト3Dオーディオテックは興味がありますが、映像と音の両面でDOLBY仕様となったXboxも非常に興味深いですね。

しかし、こうなると4K ディスプレイ、もしくはHDRディスプレイはDolby Vision対応のTVでない方は、必要になるかもしれませんね。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720