NVIDIA GeForce RTX 3080は、OpenCLとCUDAベンチマークにおいて、RTX 2080よりも平均で168%高速、いくつかのケースでは最大2倍高速に。レビュー解禁は9月14日らしい。

NVIDIAのGeForce RTX 3080のOpenCLとCUDAベンチマークでのパフォーマンスがリークされ、GeForce RTX 2080の2倍のパフォーマンスアップもしていることが判明しています。NVIDIAのGeForce RTX 3080は、9月17日に発売される最新のフラッグシップであり、多くのエンスージアストがRTX 3090を楽しみにしている間、RTX 3080は多くの人が無視できない非常に魅力的な価格で発売されます。

いくつかのパフォーマンスベンチマークはVideocardzが公開したもので、OpenCLとCompuebenchのデータベース内のものです。NVIDIA GeForce RTX 3080グラフィックスカードは、NVIDIA GeForce 456.16ドライバでテストされましたが、これが最終的なドライバかどうかを判断するのはまだ早計です。

ここでのOpenCLとCUDAベンチマークは、GPUの特定セクションを利用するだけで、Ampereのための新しい機能の大部分を利用することができないので、最終的なゲーム性能を示すものではなさそうです。

NVIDIAのGeForce RTX 3080フラッグシップとOpenCL / CUDAベンチマークでGeForce RTX 2080 Ti & RTX 2080を比較。(Image Credits: Videocardz)

       

CUDAテストでの性能数値を見てみると、GeForce RTX 2080よりも約68%、GeForce RTX 2080 Tiよりも平均で約38%速い数値をマークしています。GeForce RTX 3080は、場合によってはGeForce RTX 2080よりも最大2倍、GeForce RTX 2080 Tiよりも最大60%高速で、米国ではわずか699ドルしかしない新しいフラッグシップグラフィックスカードとしてはかなりのインパクトとコスパに優れた数値を叩き出しています。

OpenCLテストでのGeForce RTX 3080 は、GeForce RTX 2080 よりも平均で 68%速くなっていますが、GeForce RTX 2080 Tiとの比較では少しだけ性能が向上しており、前世代のグラフィックカードよりも 41%向上しています。結果的に、GeForce RTX 3080はGeForce RTX 2080の2倍高速で、GeForce RTX 2080 Tiより60%高速であることがわかります。

NVIDIA GeForce RTX 3080グラフィックスカードのスペック

RTX 3080は、68個のSMユニットを搭載し、合計8704個のCUDAコアを搭載するなど、強烈なスペックを備えています。CUDAコアに加え、カードは次世代RT(レイトレーシング)コア、Tensorコア、および新しいSM、またはストリーミング・マルチプロセッサ・ユニットでパックされています。そのほかの仕様は、272個のTMU、272個のTensorコア、96個のROP、68個のRTコアなどで、カードのベースクロックは1440MHz、ブーストクロックは1710MHz、TDPは320Wとなっています。

NVIDIA GeForce RTX 3080のメモリは次世代のGDDR6Xデザインを採用し、10GB搭載されています。Micronの最新かつ世界最速のグラフィックスメモリダイを搭載したRTX 3080は、19.0GbpsのGDDR6Xメモリ速度を実現、320ビットのバスインターフェースと合わせて760GB/秒の帯域幅を実現しています。

モデル名NVIDIA GeForce RTX 3070NVIDIA GeForce RTX 3080NVIDIA GeForce RTX 3090
GPUAmpere GA104-300Ampere GA102-200Ampere GA102-300
プロセス・ノードSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nm
ダイ・サイズ395.2mm2628.4mm2628.4mm2
Transistors17.4 Billion28 Billion28 Billion
CUDA Cores5888870410496
TMUs / ROPsTBD272 / 96TBD
Tensor / RT Cores184 / 46272 / 68328 / 82
ベースクロック1500 MHz1440 MHz1400 MHz
ブーストクロック1730 MHz1710 MHz1700 MHz
FP32 Compute20 TFLOPs30 TFLOPs36 TFLOPs
RT TFLOPs40 TFLOPs58 TFLOPs69 TFLOPs
Tensor-TOPs163 TOPs238 TOPs285 TOPs
Memory Capacity8/16 GB GDDR610/20 GB GDDR6X24 GB GDDR6X
Memory Bus256-bit320-bit384-bit
Memory Speed16 Gbps19 Gbps19.5 Gbps
帯域幅512 Gbps760 Gbps936 Gbps
消費電力220W320W350W
希望小売価格$499 US$699 US$1499 US
発売日2020年10月9月17日9月24日

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードの価格と在庫状況。

NVIDIA GeForce RTX 3080は、2020年9月17日にコンシューマー向けに発売されます。リファレンスのFounders Editionは、米国で699ドルの価格になります。NVIDIA RTX 3080は699ドル(希望小売価格)の価格ですが、カスタムモデルはそのデザイン、冷却ファン構成、OCの比率応じて異なります。パフォーマンスレビューを待っているユーザーのために言うと、RTX 3080の情報解禁は9月14日との事です。

NVIDIAが現在共有している具体的な実測値の詳細なデータはありませんが、公開されているものを見る限り、GeForce RTX 3070はRTX 2080 Tiよりも速く、RTX 3080はRTX 2080 Tiよりも60%ほど高速で、RTX 3090はRTX 2080 Tiよりも50%速く、フルラインアップのスタックとしては非常にインパクトある性能を実現しています。

NVIDIA GeForce RTX 3080自体は、RTX 2080の2倍の速さであるされており、RTX 2080 Tiよりもかなり速いので、価格の割には完璧な60 FPS 4Kゲーミンググラフィックスカードとなっているので、4Kで60fps安定を狙っている方は、RTX3080でも十分かもしれません。4K解像度で100fps以上の高フレームレートや、8Kで60fps近辺を狙う方は、RTX3090という住み分けが出来るかもしれません。

日本でも海外発売からあまり間を置かずに発売されるとも噂があるので、RTX3080を狙っている方はもう時間が間近なので、各メーカー、代理店、各ショップの動向には要注目かもしれません。🔚

Videocardz, Compubench, wccftech

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720