Xbox Series X、新GPU機能 DX12_2がハードウェアレベルでフルサポートされている事を公式確認。

数日前、MicrosoftはDirectX 12 APIのアップデートを発表しました。DX12_2は、追加のGPUハードウェア機能のサポートと、以前に発表された機能のアップデートを提供しています。これらの機能には、可変レートシェーディング、メッシュ・シェーディング、レイトレーシングなどが含まれます。

Direct3D 12には、公開する価値のある重要なグラフィック機能がいくつかあります。また、機能レベルで表現するのに十分なほど重要な機能があります。

これらの機能を使用したいアプリケーションを合理化し、すべてのゲーム環境でこれらの機能をサポートすることを容易にしたいという要望があります。これらの重要な項目は以下の通りです。

・Direct Xレイトレーシング
・メッシュシェーダ
・可変レートシェーディング
・サンプラーフィードバック

時間が経過し、より新しい機能レベルのグラフィックスカードがより広く利用できるようになると、アプリケーション開発者の作業はより簡単になります。

これまでは、XboxシリーズXがこのDX12_2アップデートをサポートするかどうかは明らかではありませんでしたが、新しいXbox Series XはMSの開発者ブログでは、サポートされていると記載されていませんでした。

しかし、チームXboxのプログラム管理のディレクターであるジェイソン・ロナルド氏は、Xbox Series XがすでにDX12_2をサポートしていることを確認しました。

上記のSNSで、マイクロソフトのジェイソン・ロナルド氏は、XboxシリーズXはDX12_2のすべての機能を「ハードウェアレベルでサポート」していると明言しました。

つまり、最新のPC APIとの互換性が向上し、一般の人が知らなかった機能が増えたということです。DirectX 12_2の新機能の全リストは、Microsoftの開発者ブログに掲載されており、当ブログで日本語訳をご紹介していますので、ご興味のある方はご覧ください。🔚

Via lordsofgaming.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720