【AWEネタバレ】CONTROL最後のDLC「AWE」でアラン・ウェイク2が2022年のリリースを予告か。マイクロソフトがAlan Wakeの権利を手放したのは失敗かもしれない。

ここ数時間の間に、Controlの最終DLC第2弾 「AWE 」の最後に、”Alan Wake 2 “の存在が隠されたものとは、程遠い形で仄めかされている可能性があることが明らかになりました。

記事に入る前に、この記事内では追加コンテンツとゲーム自体に関連したネタバレがあることを明記しておきます。


ネタバレ注意報。

Remedyが “Control “のAWE DLC発表時に明言した通り、基本的には 「Remedy Connected Universe」プロジェクトに含まれる最初の本格的なコンテンツとなります。実際、ジェシーフェイデンに託されたメイン・ミッションはアラン・ウェイクに関するもので、2010年のゲーム内でアラン・ウェイクやアンダーソンズ、トーマス・ゼインの力を利用することを望んだ精神科医ドクターハートマンも関わっています。

新たなAWEのDLCでは、ジェシーはアラン・ウェイク自身からホットラインを介して連絡を受けており、彼女は調査部門を徘徊しているモンスターを調べるように促しています。ここでは、ハートマン博士が超常現象の更なる調査のために連邦管理局との提携を模索していたことがわかります。

しかし、FBCは彼を超常現象の犯罪者とみなし、オールドハウスに監禁することを決定したが、最終的には脅威度が低いとみなされて釈放された。彼は執着から解放されず、ハートマンはコルドロン湖に戻り潜ったが、そこに存在する「闇の存在」によって変容してしまう。

Alan Wake / Image:Remedy Entertainment

今や本物の超自然的脅威として、ハートマンはFBCに再び捜査部門のブライトフォールズAWEエリアで逮捕された。しかし、彼はエリア内の全員を殺害し、その結果、捜査部門全体がブロックされることになった。

さて、最も魅力的な部分は、彼を倒した後に来ます。ジェシー・フェイデンは、パノプティコン・セクターの全てのオルタード・オブジェクトの監督を担当する少年ラングドンから連絡を受ける。ラングドンは、ブライト・フォールズで再び開催されるアルタード・ワールド・イベントについての警告を受けたばかりだが、なぜか奇妙な理由でイベントの日付は “数年後の未来 “となっている。

また、アラン・ウェイクの最新メッセージには、ゲーム終了までに閉じ込められたままの “ダークプレイス “から彼を救ってくれるヒーローの物語を書くつもりであることが明記されています。そのヒーローは明らかにジェシー・フェイデンである。

RemedyがIPの出版権を取り戻して以来、ファンの間では「アランウェイク2」への期待が再燃しています。この時点では、ブライトフォールズを舞台にした新作ゲーム「アランウェイク2」が2022年くらいにリリースされるのは明らかなようです。

遂にアランウェイク2の始動です。しかもアランウェイクにCONTROLのジェシーも絡んだ続編になるようで、これは面白い事になりそうです。一向にアランウェイクの続編を作る気のないマイクロソフトから、Remedyがアランウェイクの権利を譲渡してもらったのもこの為だったという事です。

要はRemedyの様々な構想に、マイクロソフトが関心を示さなかったという事です。Remedyがそれ以降、マイクロソフトとの協業から距離を置き、505ゲームスと手を組んだ理由も分かる気がします。あくまで状況証拠からの推測に過ぎませんが、、当時AlanWake2の続編構想、企画をマイクロソフトが関心を示さず、新規IPを希望しそれがQuantumBreakに結実したそうです。

Quantum Break / Image:Microsoft

今、RemedyはRemedyゲームの巨大なユニバース構想を考えているので、QuantumBreakの権利もRemedyはマイクロソフトから買い戻したいのかもしれません。なぜなら、QuantumBreakの本編中にもAWEロゴは各所に描かれており、先々RemedyユニバースにQuantum Breakのジャック・ジョイスなども絡んでくる可能性もあります。

Quantum Breakの各所に描かれたAWEロゴ / Image:Microsoft

2022年と言われているアランウェイク2はPC、XBOXだけでなく、PS5でもリリースされる事になります。マイクロソフトはその点で判断を誤ったなと個人的には思っています。もはやアランウェイクはXBOXだけのものではありません。

マイクロソフトは、先々Quantum Breakの権利も手放してしまうのでしょうか?

via Tech+Game

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720