【3080Tiは今のところなし】NVIDIA GeForce RTX 3090はメモリが24GB、RTX 3080は10GBが確定?

VIDEOCARDZが次期Ampere GeForceグラフィックカードのメモリ仕様を確認したと報じています。

これまでのところ確認されているのはRTX 3090とRTX 3080のみ。今回の情報では、AIBsの情報筋を通じて確認したものとの事。そして、寄せられた製品コードネームを元にしているようです。

まず、RTX 3080 Tiはない(少なくともまだない)ようで、NVIDIAは本当にRTX 3090を代わりに発表するかもしれません。このRTX3090グラフィックスカードは、現世代のTITAN RTXと同じ容量の24GBのGDDR6Xメモリを搭載します。

リークされた巨大なRTX3090。2080が小さく見える。

             

GeForce RTX 3080は10GBのGDDR6Xメモリを搭載することが確認されたようです。これはRTX 3090に比べるとかなり少ないですが、これが意味するところは、将来的に16GBのRTX 3080 SUPERを搭載する余地があるとVideocardzは推測しています。RTX 3080 20GBについてはまだ言及されていません。

リークされたRTX3080

        

Videocardzは容量を確認しただけとしていますが、RTX 3090は384ビットバスを特徴とし、RTX 3080は320ビットを取得すると仮定することができるとしています。そして合わせて両カードのメモリ速度は少なくとも19Gbpsと予想しています。

NVIDIAは9月1日にRTX 3090とRTX 3080を発表するようで、RTX 3070も発表されると聞いているとしています。今回の発表では、スペックや価格などの基本情報にフォーカスされた内容になるようです。

そして、カードの詳細は発表後のプレス限定特別イベントで明らかにされるとのことです。

via Videocardz


             

今のところの情報では、3080Tiの存在は確認されていないようです。そうなるとRTX3080、RTX3090のツートップでの発表で、RTX3070もあるかもという現状のようです。あと5日で全てが明らかになります。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720