【噂】PS5とXboxシリーズXの価格、小売り大手「BEST BUY」のプレオーダーページのファイナンスオファー(分割プラン )が499ドルからと判明。という事は、、

ソニーのPS5とマイクロソフトのXboxシリーズXは、この年末に発売される次世代ゲーム機として期待されています。発売されると、両方のコンソールはハイエンドの視覚的な忠実度、高速ロード時間、照明、および、ハイエンドのゲームPCのみで実現出来たレイトレーシング技術をもたらすことが期待されています。

発売日が決まっていない中で、ソニーのPS5はすでに初の公式TVスポットを公開しています。しかし、ユーザーは両機の最も重要な情報である価格発表を待っています。

ベストバイが提供するこの最新のファイナンスオファーは、PS5とXbox Series X の予想される発売価格を枠にはめているように見えます。

プレイステーションとXboxのどちらもまだ公式に価格を仄めかしてすらいません。これまでPS5とシリーズXで見てきた世界の小売店でリークした10数種類のプレースホルダー価格と同様に、今回の価格も話半分で見た方がいいでしょう。

また、ファイナンスオファー(日本のスマートファン販売のような分割プラン)自体は、歴史的に同社が販売するすべての製品に同様の6ヶ月、12ヶ月、18ヶ月、24ヶ月の販売オプションを提供してきたベストバイにとってはかなり標準的な内容であることも指摘しておく必要があります。

ベストバイの499ドル以上の商品の製品ページを閲覧すると、18ヶ月間のファイナンスオファー(分割払い)が表示されます(場合によっては12ヶ月間のオプションもあります)。PS5XboxシリーズXの予約ページはどうなっているかというと、現在のところ、499ドルのオプションのみが表示されており、12ヶ月のプログラム(400ドル以下の購入者向け)については何も言及されていません。

これが正確であれば、最低ラインが499ドルで物理ドライブを搭載したより高価なPS5 が、今のところツイッター上で騒がれている 600 ドルという恐ろしい価格で販売される可能性があることを意味しています。

他の小売業者と同様に、Best Buyは単に499ドルというプレースホルダ価格で賭けをしている可能性があります。また、PS5とSeries Xの価格が最終的に明らかになったときに、何らかのステッカーショック(ユーザーが想定価格以上に高いと諦めないよう)が発生した場合に備えて、分割購入サービスを提供することで分割購入プランの認知度を高めておいても損はありません。

願わくば、両方のコンソールが店頭に並ぶことが予想されるこの年末に、私たちはどれだけのお金を失うことになるのかを知るために、これ以上待つ必要がないことを願っています。

via Dualshockers

             


               

ソニーもマイクロソフトも中々価格を発表しないので、ユーザーも徐々にシビレを切らしてきているようです。本来なら、E3で華々しく公開され、同時に価格も発表、年末までに様々な情報が洪水のように投下され、発売までの期間をあれこれ議論で盛り上がりながら発売日を迎えるはずでした。

しかし、タイミングの悪いことに新型コロナウィルス危機によって、軒並みイベントは中止、発表はオンラインのデジタルイベントのみになり、何年に1度かの貴重なお祭りイヤーが台無しになっています。

そしてこの影響はゲーム開発の方々にも直撃し、スタジオでの開発は厳しくなり、それぞれ自宅でのリモート作業という慣れない環境で様々な弊害も出ています。極端な事を言えば、次世代機を発売する適切なタイミングではないのかもしれません。

とは言え、発売が決まっている以上は仕方ありません。ソニーもマイクロソフトもお互いの出方を睨みあっているのかどうかは定かではありませんが、価格を発表しないですね。もう9月になろうとしています。噂の11月発売が本当なら後2か月強しかありません。そろそろ発表して頂きたいものです。

あまり引っ張り過ぎると、ユーザー間でも様々な憶測が飛び交い、高い価格の場合は逆にマイナス効果になってしまうかもしれません。早々に発表してしまった方が、記事でも書かれているステッカーショック(想定外の高価格)も和らぐのではないでしょうか?ま、あくまで高価格だった場合の話ですが。

ベストバイのPS5XboxSeriesXのページに飛んで一番下を見ると、今のところ、18か月のファイナンスオファーが表示されていて、それが499ドルからとなっています。

その事からデジタル版が499ドルで、ソニーのPS5の4K UHDディスクドライブ付版が600ドルの可能性が指摘されていますが、本当なら映画も最近はストリーミングで観る比率が多くなってきている事もあるので、価格と背景からもデジタル版が一番売れるでしょう。でも、ディスクドライブ付版が600ドルはさすがにないかなとw高くても549ドルくらいではないかなと思っています。

そうなると、Xbox Series Xの価格も気になるところです。499ドルからのオプションしか表示されないという事は、Xbox Series Xは499ドルなのかな?これはちょっと気になる部分ではあります。記事のとおり、あくまでベストバイの推測でそうしているのかもしれませんが、、オファーは12月25日までになっています。

あくまでこのベストバイの情報と記事の推測元にすれば、PS5のデジタル版が499ドル、ディスクドライブ付版が599ドル(私は高くても最大549ドル)、Xbox Series Xが499ドルという事になりますが、どうなんでしょうね、、

そしてXbox Series Sの存在が既にリークした新型コントローラーのBOXから明らかになっていますが、こちらも未だに発表されていません。。

やはり東京ゲームショーもある9月を境に情報投下が始まるのでしょうか?両社共にそろそろ「綱引き合戦」は止めて頂き、もっと情報を投下して欲しいものですね。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720