【噂】NVIDIA RTX 3000シリーズの価格がリーク。

Image:Twitter James@GarnetSunset

冒頭で非常に明確にしたいことがあります。今後のカードの価格設定は、発売前の数時間で変更されることがありますので、価格についての噂は話半分で受け止めてください。とはいえ、問題のソースは巨大なRTX3090と思われるものの最初の写真をリークしただけで十分な信頼性を持っています。NVIDIAは、GPUの新ラインナップで価格設定の幅をかなり広げようとしているようです。

NVIDIA RTX 3000シリーズGPUの疑惑?!の価格設定。RTX 3090が1399ドル、RTX 3080が799ドル、RTX 3070が599ドル、RTX 3060が399ドルとなっています。

グラフィックカードの価格設定は前世代とほぼ同じレベルで、RTX3090の巨大なサイズを考えると、実際にはTITANという名前の方がこのカードに適していたかもしれません。興味深いことに、NVIDIAのカードのローエンドの価格は399ドルとされています。

ツイッターユーザーのJamesがリークした3090?と思われる3スロットの巨大なカード。2080Ti が小さく見えるほど。

   

これは、同社のラインアップに大きな空洞を残し、RTXベースのハイエンドシリーズと非RTX GTX 11XX後継シリーズの2つの大まかなカテゴリーに分散させている可能性があります。もちろん噂されている価格設定が不正確である可能性もあります。

30%の性能アップは、ゲーマーが期待しているものであり、50%以上のアップは、NVIDIAが求める性能あたりの価格を上げることを正当化するために必要とされるでしょう。同社はまた、AMDがBig Naviでその動きを注視し、それに応じて価格を調整または削減するのを待つことになるのは間違いないでしょう。

これまでにNVIDIAのSKUについてわかっていること。

まだ確認された明確な命名が分かっていないので、これらのボードをボード番号と交換することを意図したRTX 2000シリーズのカードに従って参照します。

1.NVIDIAのラインナップのキングとも言えるのが、24GBのvRAMを搭載したPG132-10ボード。RTX 2080 Tiの後継となるもので、現在のところ9月後半の発売が予定されている。

2.そして、RTX 2080 SUPERグラフィックスカードを置き換えるPG132-20とPG132-30ボードがあり、それぞれ20GBと10GBのvRAMを搭載しています。PG132-20は10月前半に、PG132-30は9月中旬に発売される予定です。ここで付け加える価値があるのは、これら3つのパーツは、おそらく私たちが聞いたことのあるSKU10、20、30であり、SKU20は、AMDのBig Naviの提供(したがって、発売スケジュールをずらしている)のデッドセンターをターゲットにしているということです。AMDのBig Naviは16GB相当のvRAMを搭載していると思われるので、NVIDIAが20GBのvRAMを搭載したいと考えている理由も説明できます。

3.PG142-0とPG142-10は、RTX 2070 SUPERを置き換えるもので、それぞれ16GBと8GB相当のvRAMを搭載する。PG142-10は9月後半の発売予定が明らかになっているが、PG142-0はまだ発売日が確定していない。

4.最後に、RTX 2060 SUPERのグラフィックカードを置き換えるPG190-10というボードがありますが、これも8GBのvRAMを搭載する予定です。このボードの発売時期もまだ決まっていません。

【噂】NVIDIA Ampere GPUの一部仕様と発売日

ボードID置き換えるクラスvRAMバス発売日
PG132-102080 Ti24 GB384 bit9月後半
PG132-202080 Super20 GB320 bit10月前半
PG132-302080 Super10 GB320 bit9月中旬
PG133*2080 FE (TBC)TBDTBDTBD
PG142-02070 Super16 GBTBDTBD
PG142-102070 Super8 GB256 bit9月後半
PG136*2070 FE (TBC)TBDTBDTBD
PG190-102060 Super8 GB256 bitTBD
List : wccftech

* = 未確認

9月は、NVIDIAがブランドの新しいアーキテクチャ(とグラフィックスカードのシリーズ)を展開し、AMDは最終的にBig Naviを次の数週間でプッシュすることで、テックファンの驚くべき月になりそうです。Ampereシリーズは、他のどのシリーズよりも多くのリークや噂があり、発売に向けてクランチタイムに入ると、これらの多くが情報が垂れ流され、否定され、確認されたりします。

今のところ、これらのカードの予想される命名は、RTX 3000シリーズとRTX 3090の可能性が最初にミックスされたものになりそうです。しかし、NVIDIAは以前、リークの信用を失墜させるためだけに命名の順番をスキップしたことがあり、再びそうする可能性があることを頭に入れておいてください。私たちが見たシュラウドは検証段階に過ぎず、NVIDIAが命名を変更するのは些細なことでしょう。しかし、基板番号は変わりません。NVIDIAが何と呼ぼうと、とにかくAmpereはとんでもない世代になりそうです。

via wccftech

           


3090がデカい。2080Tiが可愛くみえてしまうくらいの巨大さで驚きです。ここまで巨大ですと、フルタワー以外では慎重に吟味しないと入らない可能性も出てきそうです。そして電源も8ピンx3とも言われているので、電源も生半可な物ではだめでしょう。最低でも1000Wくらいは必要になりそうです。価格は米国で1400ドルくらいだそうなので、日本の某代理店の酷いマージン載せると、軽く20万円は超えそうです。米国から買えば18万円くらいで買えるかどうかでしょうか?なにはともあれ、後10日程度で明らかになります。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720