【性能を考えれば安いが、、】XboxシリーズXの価格がモンスターエナジーとのタイアップ・プロモーション資料からリークか。

Halo InfiniteとMonster Energyのプロモーションのために、ファンは今、XboxシリーズXのコンソールの価格のかなり大きな手がかりを持っているかもしれません。

マイクロソフトは最大のローンチタイトルであるHalo: Infiniteを不運な延期で失ってしまったかもしれませんが、Xbox Series Xのローンチ計画は引き続き全力で進められています。

実際、『Halo: Infinite』は2021年に延期されたにもかかわらず、モンスターエナジーとのタイアッププロモーションは予定通り進められているようです。「鷹の目」を持つファンたちは、発売日や価格などの詳細情報を把握するために、すでに詳細な情報を精査し始めています。

マイクロソフトの最新コンソールは11月初旬に発売されると言われていますが、多くの人はそれよりXbox Series Xが実際にどれくらいの値段になるのか疑問に思っています。

モンスターエナジーとHalo: Infiniteのプロモーションは、実際には9月1日までは開始されませんが、賞品に関する新たな詳細がすでに明らかになっています。

当然のことながら、賞品にはゲームのコピーだけでなく、それをプレイするための実際のコンソール(Xbox Series X)も含まれています。

法的な細則が記載された資料で、モンスターはすべての賞品の合計ARVが119,998ドルで合計で200個の賞品があることを確認されています。これを200で均等に割ると、各賞$599.99の値に分割されます。

モンスターは具体的にXboxシリーズXの価格がまだ明らかにされていないと主張していますが、ここでの明らかになっている「数字」は少し目を見張るものがあります。

Halo: Infiniteが含まれたコンソールが599.99ドルの可能性があります。あるいは、Halo: Infiniteを通常の59.99ドルに設定することも可能で、そうなると、XboxSeriesXは、549.99ドルに設定されていることを意味します。

いずれにしても、これが本当にXbox Series Xの価格のヒントになるのであれば、多くの人が考えていたより少し高い価格になるかもしれません。

数々の噂や憶測を考慮すると、マイクロソフトは価格面でソニーの次期「プレイステーション 5」よりも優位に立っているかもしれません。

憶測では、PS5の方がXbox Seris Xよりも高い価格で発売されるのではないかと言われています。しかし、この今回のモンスターエナジーのプロモーションリークの内容が本当の場合は、2つのコンソールは、多くの想定よりも価格は近いのかもしれません。

今年の11月にマスターチーフが帰ってこなくても、プレイヤーはモンスターエナジーのプロモーションを通じて2021年の到来に備えることができます。

モンスターエナジーとHalo:Infiniteのプロモーション「Bank Now, Play Later」システムでは、プレイヤーはゲーム開始時に2倍のXPポイントを獲得するために、特別なデザインのパッケージからコード入手、入力することができます。

また、前述のXBox Series Xなどの賞品や、フランスのパリでの無重力体験など、他のプレイヤーもエントリーする事が可能となっています。

この時点で、それが正確にプレイヤーがHalo: Infiniteのゲーム体験でロックを解除することができるのかは明確にはなっていません。

『Halo Infinite』は、PC、Xbox One、Xbox Series X向けに2021年にリリースが予定されています。

via Game Rant


        

しかし、よく調べるなとwしかしこのモンスターエナジーキャンペーン資料から漏れた数値から計算された単体価格が549ドルは、XboxOneXの約50ドル増しで、日本で54800円に税で約6万円になる可能性があります。これを高いと見るか性能を考えたら安いと見るか、、難しいですね。個人的には性能を考えれば安いと思いますが、一般的に見たら500ドル超えは高いという事になるでしょう。

後は、PS5がどれくらいの価格を設定してくるかですね。自分の中ではPS5もXbox Series Xも高くて550ドルまでと予想しているので、549ドルではないかと思います。逆に499ドルでXboxOneXと同じ価格だったら、これはこれですごい事だと思います。

逆に599ドルは厳しいと思いますが、さていくらの価格になるかそろそろ両陣営ともに価格の発表をして欲しいところですね。🔚

5 件のコメント

  • 私のようなマニア的には「安い」ですけど、一般的に見れば「高い」ですよね…。あとはPS5の価格がどうなるかですが、まあいくらでも買いますが、両方買うつもりなので、もし安くしてくれるならそりゃその方がありがたいかなw

  • MSはコンソールの売上台数を伸ばすことが至上命題ではない、と言ってるので、ありうる価格だと思う。
    (廉価版もございますし)
    むしろ、XboxOneXとゲームパスの価値、それからXSXの性能を理解していれば、7万円台もあると思ってたので、549ドルなら安すぎるくらいだと思う。(ゲムパスアルティメット3年加入済みなので、3年ソフト買わなくても楽しめること考えたら、トータル出費はかえって大幅に安くつく)

    北米はわかんないけどこと日本の現状においては、PS5より五千円安いからXSXにする、なんて人間、100人に1人いるかも怪しいので笑い、本体価格で勝負する必要は薄いのでは。(比較対象にもならないくらい高いのは問題だけど)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720