【海外記事翻訳】アップル vs ビデオゲーム:その多くの対決

Fortniteのインゲーム通貨をめぐるAppleとEpic Gamesの対立は、木曜日にApp StoreからFortniteが削除されたことでピークに達しました。

しかし、これはゲームやゲームアプリがAppleとの間で問題に直面し、15億人の顧客を抱えるApp Storeの壁に囲まれた庭の中ですべてをコントロールしているという、一つのケースに過ぎません。

iPhone、iPad、Mac向けのApp Storeは、10年以上の運営実績の中で、疑わしい理由や漠然とした違反行為を理由に、いくつかの人気ゲームを許可しなかったり、削除したりしてきました。

エピックゲームズの戦いの種類は別のクラスにあります。Google、Microsoft、 Valveのような主要なプレーヤーが持っていた彼らのアプリを起動したり、iOS エコシステムで起動しようとしたとき、それらは擦り落とされてしましました。

プロジェクトXクラウド

大手企業のゲームアプリに関するAppleの最近の問題を見つけるには、それほど遠くまでさかのぼる必要はありません。Xbox Game Pass Ultimateの加入者がモバイルデバイスでゲームをプレイできるようにするマイクロソフトのサービス「Project xCloud」は、9月15日のサービス開始時にはAndroid携帯電話とタブレットでのみ利用できるようになります。

理由:Apple は xCloud が同社の App Store ポリシーに違反していると述べています。しかし、この目的のために同社の多くの公式声明では、どのポリシーも特定したことはありません。マイクロソフトが他の開発者に期待されるルールに従っていないということだけです。一つは、お金に関係していることを合理的に推測することができます。昨日、木曜日にアップルに対して訴訟を起こすためにエピックがしたのと同じ理由です。

Project xCloudはXbox Game Pass Ultimateの特典であり、MicrosoftはApp Storeから離れた場所で販売・運営しているため、Appleは何も手に入れることができません。Androidデバイス上でxCloud機能を許可するGoogleは、明らかにそれでも問題はありません。

この件に関するAppleの公式声明は先週、App Storeの理想を訴えています。

「顧客がアプリを発見しダウンロードするための「安全で信頼できる場所 」を提供します。ゲームサービスは、すべての開発者に適用されるのと同じガイドラインに従う限り、App Storeで立ち上げることができる」と付け加えています。

マイクロソフトは、何であれxCloudに問題があるというのは、アップルだけだと反撃しました。

Microsoftの広報担当者が、The Vergeに語ったところによると、

「Appleは、クラウドゲームやXbox Game Passのようなゲームのサブスクリプションサービスから消費者を否定する唯一の汎用プラットフォームとして孤立している。そして、Appleは一貫してゲームアプリを異なる扱いをしており、インタラクティブなコンテンツを含む場合でも、ゲーム以外のアプリにはより寛大なルールを適用しています。」と述べています。

マイクロソフトの声明の最後の部分は、昨日法的な敵対行為を引き起こしたEPICのV-Bucks価格の下落について、Epic GamesがFAQで行った苦情を反映しています。

今のところ、Microsoftは 「Xbox Game Pass Ultimateを使ったクラウドゲーミングのビジョンをApple App Store経由でiOSのゲーマーに届ける道筋はない 」としています。しかしまだ「iOSでの道筋を見つけることにコミットしている」と述べています。

「私たちは、ユーザーがゲーム体験の中心にあるべきだと考えています。ゲーマーは、どこにいてもどこでもプレイしたい、接続したい、共有したいと言っています。私たちはこれに同意します」と述べています。

Google Stadia

先週のAppleの声明はGoogle Stadiaにも適用され、AppleはStadiaとxCloudの問題は「レビューのためにゲームを個別に提出したり、チャートや検索に表示されたりすることも含めて」両方ともApp Storeのルールに違反しているからだとほのめかしていました。

Stadiaのようなクラウドベースのサービスは、AppleのユーザーがAppleの精査と承認を得ていないゲームをプレイしている可能性があることを意味します。これは、多かれ少なかれAppleによって販売されていないゲームとAppleの収益をカットする事になります。

Appleの「リモートデスクトップクライアント」の最後の一行は、クラウドゲームサービスを名指しで排除しているようにも見えます。「クラウド型アプリのシンクライアントは、App Storeには適していません。」

私たちが「ほぼ」と言っているのは、Appleの言葉の選択が「不適切な」アプリがいずれにせよ承認される可能性を残しているからです。繰り返しになりますが、Appleはルールを作ります。

STEAM LINK

Valveのストリーミングサービスは、クラウドやサブスクリプションとは関係ありません。ユーザーは Steam PC からタブレットや携帯電話にゲームをストリーミングすることができます。Valveがモバイルクライアントのローンチ日を発表した際には、iOSのローンチも問題ないだろうと予想していましたが、結局Appleは2018年5月7日にSteam Linkアプリを承認しました。

Image: STEAM

そして、未承認となりました。3週間後、ValveはSteam LinkがiOS向けにローンチされないことを説明する声明を出し、Appleはそれを却下しました。当初のレビューチームが実現していなかったとされる、アプリガイドラインとのビジネス上の矛盾を引用しています。

Valveは、Steam Linkが 「アプ・ストアですでに利用可能な多数のリモートデスクトップ・アプリケーション と何ら変わらない。」という理由でAppleに訴えました。しかし、その訴えは却下されました。AppleのSteam Linkの大きな問題は、どうやらユーザーがSteam Linkでビデオゲームを購入できることだったようです。

そして、Steam Linkは最終的にiOS向けにローンチされました。 しかし、ゲームの購入機能は削除されています。

そして1年後にソニーの「PlayStation 4 Remote Play」アプリが2019年3月に発売され、ユーザーはこれを使ってPlayStation Storeからゲームを購入することもできるようになったことを思い出すかもしれません。なぜそれがOKなのに、Steam Linkはダメだったのでしょうか?

FACEBOOK GAMING

ニューヨーク・タイムズ紙は6月に、Appleがこの4ヶ月間にFacebook GamingのApp Storeのドアを5回も叩いたと報じていました。

タイムズは内部関係者の話として、Facebookのゲームは、主な目的は、カジュアルゲームを配布するためにあったアプリに対してAppleのルールに反則したと主張しました。しかし、それはまた、Facebook GamingがApple自身のビデオゲームの販売と直接競合するものです。Apple Arcadeは、高品質なモバイルタイトルのライブラリを提供する同社の4.99ドルの定額制サービスです。

しかし先週、Facebook GamingはiOS向けにローンチしました。しかしゲームはプレイ出来ません。Facebookは、同社が「play now」機能を削除したアプリを提出するまで、アップルの訴えについての回答を得ることができませんでした。Facebook Gamingのこの緊迫したローンチは、明らかにFacebookとその最上級幹部を苛立たせました。

プラットフォームの公式Twitterフィードも、Facebook Gamingで何ができて何ができないのか、事情説明が幾度なくされており、重くのしかかっています。

Facebookのゲーム担当副社長であるVivek Sharma氏は、「Appleがゲーム業界全体に痛みを共有し、最終的にはプレイヤーや開発者を傷つけ、クラウドゲームのような他の種類のフォーマットのモバイル上でのイノベーションを著しく阻害している。」と告発しています。

欧州連合が6月に開始したこのアップルの慣行への独占禁止法違反の調査が注目を集めています。

via Polygon

           


アップルの今回の騒動での数ある主張の一つでもある、「iOSユーザーの安全を守る」というのは、以前もどこかで似たような主張を聞いたことありました。

EA(Electronic Arts)の定額サブスクリプションサービスである、EAアクセスを許可せず、拒否し続けたプラットホーマーが、主張した内容と同じです。しかもそのプラットホーマーは、EAアクセスはユーザーの為にならないと主張しました。結果的にそのプラットホーマーはEAアクセスを受け入れサービスは始まっています。

アップルのこの傲慢で厚い「囲い」は、マイクロソフト、FACEBOOK、Google、そしてマグマのように熱く怒りを露わにし、敵対意識剥き出しで強烈にアップルを批判しているEPIC GAMESと、アップルに対する風当たりは強くなっています。

身の周りがアップル関連機器で溢れかえっている私でさえ、今回のアップルの傲慢な振舞いには、当然悪いイメージしかなく、このままですとユーザーを失いかねないと思います。現在私のメインのスマートフォンであるiPhone11ProMaxかから、サブ機として使っているGalaxy Note 10+か、次期Note 20 Ultraをメインに切り替えようかなとまで考えるほどです。

そして欧州連合の動向も気になるところです。これはxクラウドがiOSで万全な状態で出来るか出来ないかの瀬戸際なので、アップルが渋々折れる事を望みます。。いくら巨人のアップルでも、これだけ周囲から反発と非難を受け続けると、企業イメージは間違いなく悪くなるので、今後のアップルの動向も気になります。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720