【条件折り合わず?】ワーナーブラザーズのゲーム部門ワーナー・インタラクティブエンターテインメントは身売りを取り止めた可能性が濃厚。

ワーナーメディアのジェイソン・キラーCEOが金曜日に発表したプレスリリースによると、ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンターテイメントはもう売りに出さないかもしれないとのこと。

ワーナー・ブラザース・モーション・ピクチャーズグループは引き続き会長のToby Emmerich氏が指揮を執っています。ワーナー・ブラザース・テレビジョン・スタジオ・グループは引き続きピーター・ロス会長が指揮を執ります。

ワーナー・ブラザース・インタラクティブは引き続きスタジオ&ネットワークグループに属し、パム・リフォードが率いるDCを含むグローバル・ブランド&フランチャイズ・チーム、トム・アシェイムが率いるキッズ、ヤングアダルト、クラシック・ビジネスとともに、ゲームやその他のインタラクティブ体験を通じてファンの皆様にブランドやフランチャイズの魅力を伝えることに注力しています。

持株会社でもあるAT&Tが約40億ドルで売却するという噂がありましたが、マイクロソフト、エレクトロニック・アーツ、アクティビジョン・ブリザード、テイクツーなどの大手パブリッシャーが買収に興味を示す可能性があるとの報道もありました。

しかし、この時期になるとやや不思議な感じがします。結局、ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンターテイメントは、ロックステディの『Suicide Squad』(8月22日に予定されているDC FanDomeバーチャルイベントで正式にお披露目される予定)、ワーナー・ブラザース・モントリオールのバットマン次回作(『Gotham Knights』というタイトルが噂されている)、アバランシェ・ソフトウェアで開発中の『ハリー・ポッター』と、今後数年の間に複数の大ヒットゲームをリリースしようとしているのかもしれないからです。

他にもMonolith Productions(約3年前にリリースされたMiddle-earth: Shadow of War)とNetherRealm Studiosの次回作、Turtle Rock Studios(Left 4 Deadの製作者)で開発中の協力型ゾンビシューターBack 4 Blood、そしてもちろんTraveller TalesのLEGO Star Wars: The Skywalker Sagaの次回作にも多く控えており、注目です。

親会社のAT&Tが、将来に売却を再考する前に、これらの開発中のタイトルの潜在的なヒットを利用したいと考えるのは当然かもしれません。

via wccftech


どうやら、ワーナーゲームズの売却は条件が折り合わなかったのか、どうやら馬脚話は無くなった可能性が高いようです。おそらく控えている開発中の大作ゲームが何本もあるので、それらをリリースし、価値を高めてから売却しようという事なのかもしれません。「火のない所に煙は立たず」で、水面下ではどこかとの交渉はあったものの、折り合わず成立しなかったのか。。真相は分かりません。

一つ言いたいのは、バットマン系タイトルを日本国内だけPlayStation独占にするのは勘弁して欲しいという事です。

🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720