【XboxWire日本語訳】Halo Infiniteでヒーローになる。

E3 2018年のE3で343 Industriesは、謎と驚きに満ちたHaloのリングを初めてファンに紹介し、マスターチーフの姿を垣間見ることができました。昨年の “Discover Hope “トレーラーでは、宇宙空間に浮かぶマスターチーフを発見したパイロットが、Haloユニバースの新キャラクターとして紹介されました。今年はファンが最も求めていたゲームプレイをお届けします。本日はリアルタイムで動作する “Halo Infinite “キャンペーンの様子を初公開し、Xbox Series Xの迫力と性能を代表するものとなっています。

最も拡張性の高いHALO

本日公開されたデモは、Halo Infiniteのキャンペーンの数時間から始まります。マスターチーフとパイロットは対空砲に撃墜され、リング上に不時着します。プレイデモでは、信頼のおけるMA40アサルトライフルから、高精度の新型VK78コマンドー、壊滅的なプラズマ兵器Ravagerまで、マスターチーフが自由に使える様々な武器や装備を見ることができます。

また、『Halo』に新たに追加されたグラップ・ショットは、チーフが敵との距離を自在に縮めたり、オブジェクトを直接引き寄せたり、これまでにないマップを移動したりすることができます。

デモでは、Halo Wars 2で初めて登場した敵の派閥 “Banished “も再登場しています。このグループは、ファンに愛されているBrutesを含む、様々な新しい敵やお馴染みの敵で構成されており、マスターチーフがこれまでに直面した中で最も手ごわい敵の1つとなる不吉なウォーチーフEscharumが率いています。

『Halo Infinite』は、過去2作のHaloゲームを合わせたものよりも数倍広い環境を持つ、これまでに作られたHaloゲームの中で最も野心的な作品となっています。プレイヤーは広大な自然の驚異と、謎に満ちた広大な土地を探索することができます。また『Halo』シリーズを初めてプレイされる方を歓迎するストーリーや、熱心なファンのためのマスターチーフの物語が続きます。

XboxシリーズXと「Slipspace Engine」は、Haloの未来を支えるために開発されたもので、Halo Infiniteは次世代ゲームの先駆けとなります。Xbox Series Xのパワーを最大限に活用し、前例のないビジュアルの忠実さとシルクのように滑らかなキャンペーンゲームプレイを、毎秒60フレーム、最大4Kの解像度で実現しており、Slipspace Engineは既存のプラットフォームにも対応し、Xbox Oneファミリーのデバイスだけでなく、Windows 10やSteamでも素晴らしい体験を提供します。

『Halo Infinite』は、PCとコンソール向けのXbox Game Passでも発売時に配信されます。スマートデリバリーと組み合わせることで、お好きなプラットフォームに最適なバージョンのゲームを安心してお楽しみいただけます。

『Halo Infinite』とゲームプレイデモの詳細については、Halo WaypointでHalo Infiniteチームの代表Chris Lee氏から直接話を聞くことができます。

ステップインサイドとビヨンド

「私たちはいつもヒーローを信じてきた。今こそヒーローになる時だ。」

343チームは史上最大のHaloゲームを作っており、それにふさわしい感動、ストーリーテリング、興奮を共有したいと考えています。そこにはマーケティングの力が必要です “Believe” “星降る夜” “I Love Bees.” “We Are ODST” “ハント・ザ・トゥルース” これらはHaloファンにはお馴染みの番組でHaloの旅を盛り上げてくれましたが、Halo Infiniteでも同じことをしたいと思っています。

本日、「Step Inside」と題した刺激的なビデオを放映しました。

これはキャンペーンの最初のスポットで、すべてのプレイヤーがマスターチーフのアーマーの中に入り、ヒーローに「なる」ように招待するもので、今年後半に発売される最も強力なゲーム機での最大のHaloの発売に向けて観客の準備をしています。

このプログラムを支援するために、MONDOと提携し、見事なオリジナルアートシリーズを制作しました。アーティストのマット・ライアン・トビンによる最初の作品は、「Step Inside」からインスピレーションを得ています。

このアートは、明日7月24日午前9時(http://www.mondoshop.com/comic-con)に限定スクリーンプリントとして販売されます。

今日、私たちはチームが開発してきたゲームのほんの一部を世界に向けて公開しました。発売に向けて、今後数ヶ月の間にもまだまだ多くのことをお見せする予定です。詳細が発表された際には、Halo Waypointとソーシャルメディアの@Haloにご注目ください。

via Xbox Wire

1 個のコメント

  • お世辞にもグラフィックが良いとは言えない物でした。
    かなりの貼り遅れをしていましたし。
    Halo InfiniteのE3 2018AnnounceTrailerやHalo InfiniteのE3 2019のトレイラーとは全く違います。
    あんなに12テラフロップスのパワーをアピールしていたのに次世代機と感じるグラフィックでは無くガッカリしてしまいました。
    正直グラフィックにおいてはPS5が数段上に感じました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720