ソニー、開発者に7月13日以降のPS4タイトルは、PS5との互換性を確保するように通達。

ソニーは、PlayStation 4のゲーム開発者に対して、7月13日より、認定のために提出されたPS4新作タイトルもPlayStation 5との互換性を確保しなければならないと伝えています。

これは、今月中旬以降にソニーがテストのために受け取ったすべてのPS4用ゲームは、技術的にはソニーの次世代機でプレイできる互換性を持っていることを意味しますが、それを確実にするかどうかは各ゲーム開発者の責任となります。

開発者向けのドキュメント(PlayStationの社内パートナーサイトで公開)には、開発者が自分のゲームがPS5のハードウェアとの互換性をテスト済みであるかどうかを確認するために必要なオプションの詳細が記載されています。このオプションは4月末にソニーのPS4ソフトウェア開発者キットの新バージョンで追加されました。

ソニーは、開発者にPS5との互換性テスト方法の詳細を個別に連絡するとしており、様々なプロジェクトのリリース順に対応していくとのことです。

「互換性」とは何を意味するのかについては、さらなる文書で明らかにされています。PlayStation®5との互換性が認められるのは、提出されたゲームのコードがソニーの次世代機で問題なく動作し、PS4と同じ機能をPS5でも提供している場合に限られます。

例えば、開発者は自分のゲームをPS5と互換性があると認めても、次世代機では特定のモードをサポートしないということはできません。

この開発者ノートには、既存のゲームへのパッチや既発売タイトルのリマスターに関するソニーのルールも詳細に記載されています。

もともと2020年7月13日以前にソニーに提出されたゲームであれば、それ以降の新規パッチやリマスターはPS5への対応は必要ないが、「強く推奨」されることになります。

2020年7月13日以降にソニーに提出されたゲームであれば、それ以降のパッチやリマスターはPS5との互換性を維持する必要があります。一度PS5に対応したゲームは、その状態を維持しなければなりません。

例えば、ソニーが開発した『ゴースト オブ ツシマ』は7月17日に発売されますが、7月13日の発売日よりも前に認証を取得しています。特にプレイステーション5のフォワード対応である必要はないだろう。しかし、PlayStation 4のフラッグシップタイトルの一つとして、PlayStation 5に対応していることは間違いない(Eurogamerによると、近日発売予定の独占タイトルである『The Last of Us 2』と並んで、そうなるとのこと)。

Ghost of Tsushimat Last of us 2はPS5に対応するようです。

    

しかし、承認されたソフトウェアは世代を超えて動作する能力を持っていますが、実際にどのように対応するのかについては、ソニーはまだ詳細を明らかにしていないという点は注目に値します。

多くのサードパーティパブリッシャーは、Xboxでの世代を超えた所有権を得るために、マイクロソフトのスマートデリバリー方式をサポートすることをすでに確認しています。Ubisoftはこれを利用して『Assassin’s Creed Valhalla』の世代を超えたゲームの所有権を提供し、CD Projekt Redは『Cyberpunk 2077』がスマートデリバリーに対応するとアナウンスしています。

以前に発売されたゲームについては、マイクロソフトは1年前に、Xbox OneのタイトルをXboxシリーズXの発売時に、すべて使用できるようにする意向を表明しており、既存のXbox 360や初代Xboxの下位互換対応ゲームもすべて使用できるようにしています。そして、Microsoftが3月にDigital Foundryに明らかにしたように、オートHDR機能でのHDR対応追加などの改善が自動的に適用された状態で提供されます。

ソニーは『PS5では、下位互換タイトルがより高い頻度で動作するようになり、より高いフレームレートや安定したフレームレート、より高い解像度の恩恵を受けることができるようになると考えています。現在、タイトルごとに評価を行っており、オリジナルソフトウェアの開発者が調整が必要な問題点を発見しています』

と3月に述べています。”マーク・サーニー氏は、プレゼンテーションの中で、PS4の最もプレイされたタイトルのトップ100を紹介し、後方互換性への取り組みがどれほど順調に進んでいるかを示しました。『すでに数百タイトルのテストを実施しており、発売に向けてさらに数千タイトルのテストを準備しています。』

via Eurogamer

ということで、ソニーもPS5ではPS4世代のゲームは動くようにしているようですが、PS3、PS2、PSの方は互換しないようですね。まだはっきりと確定しているわけではないですが、漏れ伝わってくるニュースを見ているとそんな印象を受けます。

その事からも互換に関しては、現行機と同様に次世代でもXBOXの方が圧倒的に手厚いサポートがありそうです。 🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720