【コンソールはXboxSeriesXのみ】SCORNとはどんなゲームなのか。2年前に公開されたSCORNのプレイ映像などから再考察。

インサイドXBOXで突如公開されたSCORNですが、実は既に数年前から紆余曲折ながら開発は進行していたようですが、一体どんなゲームなのか?パッと見はエイリアンゲームの新作?にも見え、実に奇妙で興味を惹かれる作品です。

このゲームは2014年11月12日にプレアルファ映像を公開したトレーラーが最初にアナウンスされ、その後2014年12月にはKickstarterでのキャンペーンが失敗に終わったものの、それにも関わらず2部作のリリースが予定されており、開発は継続されていました。

2015年1月、SCORNは投資家からプライベートな資金調達を受け、2015年2月から本格的な制作が開始されました。ゲームは2部構成でのリリースが予定されていましたが、1つ目はDasein(ドイツ語のヴァナキュラー語で「そこにいること」(ドイツ語ではda「そこにいること」、sein「いること」)を意味し、マルティン・ハイデガーの哲学では「世界にいること」を意味しているそうです。

その後、発売日はまだ発表されていませんでしたが、開発チームはパーツではなく、ゲームを発売することを発表しました。2017年にEbb Softwareは2回目のKickstarterを立ち上げ、同年9月に目標の150,000ユーロに到達しました。

SCORNはゲーム機ではXbox Series Xのみ。Xbox One、One Xは対応せず。

そして数年後の2020年5月7日に、 PCとXboxSeriesXの独占タイトルとして発表されました。開発チームは4K 60fpsでのプレイ動作を強く望み、現行世代のXboxOne、XboxOneXでは60fps動作が厳しい事、開発をXbox SeriesXとPCに集中したいという事から、 Xbox One、Xbox One Xでは動作しないXbox SeriesXのみとなりました。

インサイドXBOXで突如公開されたSCRON。XboxSeriesXのゲームエンジンから直接キャプチャしたもの。
  
   

プレイヤーは、皮膚のない奇妙なヒューマノイドを操作し、奇妙な生き物と不気味なタペストリーに満ちた悪夢のような世界で迷子になり、鉄、肉、骨で構成された生きたテクノ・オーガニック構造体のようになります。

プレイヤーは、霧?の漂うエイリアンの宇宙船内部の様な不気味なエリアを多数探索し、ゲームの世界の詳細を理解する為に答えを探していきます。

2年前にIGNで公開されたSCORNの8分間のゲームプレイ映像。
     

現時点で判明しているのは、このゲームでは主にピストルとショットガンという2つの武器が登場します。ピストルは6発のショットガンで、ゲーム内の敵に軽度のダメージを与えます。武器のベースとなる口のような部分(どうやらプレイヤーの腕でグロテスクな形状をしている)を開けると、ピストルを取り外してショットガンと交換することができます。ショットガンは3連射式の武器で、近距離の敵にはかなりのダメージを与えるが、遠距離ではダメージが落ちてしまう。ピストルと同じ素材で構成されており、一見すると有機物でできているように見える。

開発者は、「世界に放り込まれる」というアイデアを中心にゲームをデザインしたと主張していますが、ゲームの設定についてはほとんど説明されていません。開発者は、この不穏な環境をキャラクターそのものにしたいと説明しています。

via Scorn Wikipedia

という感じで、英語のWikipediaではこんな解説が掲載されています。

2年前に公開されたIGNの8分間のゲームプレイ映像を見る限り、FPS視点の不気味なSciFiホラーシューターという感じですね。有機体の様なグロテスクなデザインの武器をプレイヤーの腕を脱着して武器を変えて時々出現する不気味なクリーチャーを倒して進んで行くようです。(漫画コブラのサイコガンか?と思いましたw)ボス戦も当然あるんでしょう。どのようなクリーチャーが出て来るのか?本当に楽しみです。

個人的にはエイリアン1、2、プロメテウス、コヴェナントが大好きなので、HRギーガーワールド全開のステージデザイン、そしてクリーチャーや武器など世界観がたまりません。

SCORNはSteam、 Windows Store、XBOXストアで発売されます。

驚異的なディテール。XboxSeriesXのゲームエンジンからのキャプチャ映像。
   

今後、ゲームパスは更に美味しくなる

マイクロソフト独占タイトルとなったので、ゲーム版NETFLIXと言われているGame Pass対象タイトル入りは確定なので、Game Pass Ultimateメンバー(月額1100円)であれば、発売初日からXboxSeriesXとPC版を料金を払わずに即時にプレイ出来るので、その点でも非常に美味しいですね。

マイクロソフトが、傘下スタジオを多数買収しマイクロソフト独占(PCとXbox SeriesX)タイトルが増加するという事は、発売時にGame Pass入りする新作大作タイトルも増加するという事です。

こうなると、ますますGame Passの超お得感が増す一方なので、新規でXbox Series Xから購入検討している方などは、Game Passは入らないと損と言えるくらいお得だと思います。

つまり、本体とGame Passさえ入れば、マイクロソフト独占タイトルに関しては、他に追加費用は一切払わないで遊び放題なのです。更にサードパーティーのタイトルも新作ではないですが、豊富にあります。ここまでお得だと、逆に加入しない方が損かもしれませんw

今年年末からGame Passのメンバーが更に急増することは間違いないと思います。マイクロソフトが多数のスタジオを買収したのも、次世代機のXboxSeriesXの為のソフト囲い込みだけでなく、Game Passの購入者の拡大こそが最大の狙いだと思います。

サービス開始3年で1000万人加入者を突破と好調なので、マイクロソフトもより一層力を入れてくるでしょう。 🔚

日本マイクロソフト Xbox Game Pass公式ホームページ

SCORN公式サイト

SCORN XBOX公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720