定額課金サービス「XBOXゲームパス」がようやく4月14日より日本でもサービス開始。惨敗の日本市場でシェア増加に繋げられるか?

日本時間の早朝に配信されたインサイドXBOX、コロナウィルス感染拡大危機から、異例のオンライントークがメインとなりましたが、Xbox Series X(以下XSX)のプログラムマネージャーのジェイソン・ロナルド氏のXSXでの新技術がゲーマーにとって何を意味するかなどのトークに加えて、日本市場にとって大きなニュースがありました。

それは、遂に日本で月額課金によるXBOXゲームパスのサービスが、4月14日より開始されるという朗報ですね。日本と同時に韓国でも対応が発表されました。

XBOXゲームパスは低価格な月額料金で Xbox Live Gold と 400本を超える質の高いゲームを楽しめるサービスです。れには、マイクロソフト傘下のゲームスタジオ(要はファーストパーティ)が開発した新作も含まれます。つまり月に少額を払うだけで、膨大な量のゲームタイトルに加えて、将来のギアーズやフォルツァ、オリ、今後はヘルブレード2などの新作に加えて、デビルメイクライ5、エースコンバット7、鉄拳7、アウターワールド、龍が如く0、デッドライジング4、も加わり、現時点でXbox 261タイトル、PC 191タイトル、計403タイトルも遊べてしまいます。

更に、Xboxゲームパスのメンバーは、メンバー特典としてゲーム購入時は最大20%割引、追加ダウンロードコンテンツ購入時に最大10%割引もつきます。おまけに年末発売のXbox Series Xにもゲームパスが自動で適用されるので、そのままHALOの新作Infiniteや噂のフォルツァ新作も月額1000円程度で全て遊べてしまいます。

プラン内容は海外と同じで、Xbox One版「Xboxゲームパスコンソール」PC版「XboxゲームパスPC (Beta)」、そして前述の2プラン全部入りにXbox Live Goldをバンドルした「Xboxゲームパス・アルティメット」3種類が用意されます。

気になる月額利用料金は、Xboxゲームパスコンソールが850円、XBOXゲームパスPCが425円、XBOXゲームパスアルティメットが1,100円(税込)で、海外より数百円も安く事実上の世界最安値となります。

ただし、CEROZ適用、18歳以上で、クレジットカード決済のみという事になります。この恩恵は、とにかく海外版と同じ条件でゲームが対応することで、日本のみなしという、恒例ウンザリな「おま国」という足枷はなくなりますので、我々のようなおっさんには大歓迎なことではありますw

これはどうも見ても超お得なサービスなので、加入しないと損だと思います!w

私は当然XBOXゲームパスアルティメットで加入したいと思いますw

現在、日本市場でのXBOXのシェアは正直酷い状況で、これだけXBOXが売れない国は海外では珍しいようで、海外でもそんな視点で経済誌でも報道されたことがありますwそれだけ日本市場は海外市場と比べても特殊な市場なのかもしれませんw

フィル・スペンサー氏から日本市場への個別メッセージも配信されています。このことからも、米マイクロソフトもゲームパスが日本市場に食い込むためのキーポイントになると思っているんでしょうね。

正直、このゲームパスを持ってしても日本市場でシェアを拡大出来なければ、もう日本市場ではシェアを拡大するのは無理と言わざるを得ないとさえ思います。それくらい、ゲームパスは超お得であり日本市場に切り込むための切り札だと思っています。

そのゲームパスの恩恵をサポートする為にも、【日本のXBOX版だけ未発売という事例も減らしていかないと、ダメ】だと思います。これも非常に大事で、この2つが合わされば、少なくとも今までの低迷よりは改善の見込みがあると思います。

あとは、米国本社がどれだけ日本市場での認知度、イメージアップの為の広告宣伝費などの戦略を仕掛けられるかだと思います。

とにかくXBOXが日本市場で少しでも多くシェアを伸ばせるといいなと思っています。 🔚

米国XBOX Game PASS最新ニュースホームページ

2 件のコメント

  • ようやく、日本でも開始ですね!ゲームパス。
    今日が4/12なので、明後日からですか。
    しかも海外価格より一か月単位の値段が安い!
    一年分買った方がフルプライスタイトル1.5本分?くらいの値段。
    期待してるユーザーは結構多いですね。

    ただ、Xboxを知らない人に聞いても「そんなに無料でプレイできても時間がないよ」という人もいます。
    こういう意見はライトユーザーに非常に多いです。
    スマホゲームしかしない人とかですね。
    その辺の溝の埋め方をどうにかしないと、と私は思います。
    xCloudがそれであって欲しいんですけど、まだ本格的なサービスは今年中。

    課金ばかりのスマホゲームを駆逐するのは難しいかも知れませんが、
    金のかかるものより、サブスクリプションですぐに遊べるゲームの方が得、と感じさせるラインナップを用意して欲しいです。

    • ゲームパス、いよいよですねぇ。。自分はPCもメインに近いのでUltimateで行きますw
      おっしゃる通り、海外価格より3割近く安い世界最安値は本当にサプライズでした。
      「そんなに無料でプレイ出来ても時間がない」とか言う人は
      おそらくどんな優良サービスでも同様の事を言う人だと思うのでw
      日本のライトユーザーの意見をマイクロソフト本社が合わせるとは到底思えませんw

      実際、海外では日本より3割高い価格でも大好評で好調なわけですからねw
      日本は良くも悪くも特殊な市場ではないかとw

      その点でxCloudとゲームパスが組み合わさると意外と効果は
      大きいかもしれませんね。

      5Gが普及レベルまでエリア拡大したら化ける可能性大かなと。

      個人的にゲームパス日本対応発表時にソニーが同時にコントローラーの外観を
      公開したタイミングは偶然ではないと思っていますw

      ゲームパスはソニーにとって結構脅威というか、日本でやられると相当嫌な
      サービスだと思っているので、同じタイミングでコントローラー発表を
      ぶつけてニュースインパクトを減らしたのではと感じていますw
      自分がソニーのマーケティングチームだったら同じことしたと思うのでw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720