MicrosoftナデラCEO、コロナウィルス危機でSurface新製品やXboxSeriesXの供給懸念についてコメント。

新型コロナウィルス危機に陥る前は、XboxSeriesXとPlayStation5がこの年末に販売を開始するので、ゲーム業界にとっては大きな盛り上がりが期待出来る1年になる予定でした。

ところが、コロナウィルスの発端となっている武漢地域は、中国の電子機器製造地帯の中心にあるため、感染拡大によって様々なガジェットや前述の次世代ゲーム機の製造計画が遅延、延期となる懸念が出ています。

マイクロソフトとソニーの両社は、2020年末までに発売することを約束するとしていますが、コロナウィルス危機がXbox Series XとPS5の製造、供給面にどの程度の影響を与える可能性があるかについては、まだ未知数です。

しかし、CNBCのインタビュー記事は希望の光を提供するかもしれません。

マイクロソフトが今年発売する予定の新しいSurfaceとXbox Series Xなどの製品提供できるかどうか尋ねられ、ナデラCEOは楽観的な見方を示し「供給面では、軌道に乗っています」と述べました。

ナデラCEOは、マイクロソフトはこの集団感染危機とそれに伴う景気後退を乗り切れるだけのものはあるとし、同社で最も急速に成長しているクラウド事業が順調に伸び続けているとの事。

ナデラCEO

「私たちは素晴らしいバランスシートを持っており、非常に多様なビジネスです。 率直に言ってこれは非常に強力であると確信しています。前世代のデータセンターアーキテクチャまたは、ソフトウェアアーキテクチャであった場合、私たちはこの危機に効果的に対処できなかったと思います。新製品に関しては、マイクロソフトが市場に予定通りにハードウェア製品を発売出来たとしても、コロナウイルス危機が拡大し、世界中の多くの人々により緊張を強いる可能性もあるため、製品の需要があるとは限りません。また、中国は今のところこの問題に対処しているようですが、再びウイルス危機の波にぶつかる可能性があります。ですので、この時点では全てがまだ中に浮いたままです。」

とりあえず、製造面は復旧し始めている様でひと安心ですが、ナデラCEOも言っている様に、中国で今は落ち着いていてもまた再び猛威を奮うかもしれないという心配をしていますね。。とは言え、Surface、XboxSeriesXなどの製造遅延などの懸念は今の所はなく、予定通りとの事で大丈夫そうですが、予断は許せませんね。。🔚

記事ソース元 CNBC Microsoft CEO Satya Nadella says hardware supply chain coming back online, but demand is the issue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720