バイオハザード3デモの デジタルファウンドリーによる検証結果。

バイオハザード3 ( Resident Evil 3 )のデモを海外のテック系テスター「デジタルファウンドリー」がPS4、XboxOne、PS4Pro、XboxOneXの解像度、フレームレートの検証動画が公開されました。

これによると、負荷に応じて解像度を変える、ダイナミック解像度を採用していますが、ほとんどの場面で実現している解像度がターゲット解像度としています。それを踏まえてターゲット解像度は以下のとおり

Xbox One X 4K 3840×2160

PS4Pro 2880×1620

Xbox One 1920×1080

PS4 1920×1080

昨日、PS4ProとXboxOneX、PCの比較レビュー記事は上げましたが、やはり私の予想とおり、PS4Proの解像度がXboxOneXより数段低かったようです。

フレームレートはPS4Pro、PS4が1番高く安定しているようで、XboxOneXとXboxOneはフレームレートが前者に比べると低く、安定していないようです。

特にXboxOneXは4K解像度を結構維持しているようなので、負荷が大きいせいかフレームレートがPS4Proより不安定になってしまっているようです。

XboxOneX版は、フル4K解像度3840x2160Pではなく、3460x1800Pくらいまでターゲット解像度を落とせば、もっと安定すると思うんですけどね、、両機種ともにオプション項目に解像度重視、フレームレート重視モードを入れて欲しいですね。

ということで、解像度ならフル4Kを実現しているXboxOneX、フレームレートなら高く安定しているPS4Pro。ということになりそうです。 🔚

2020.4.15 Update / その後カプコンは早々にXboxOneX版にパッチバージョン1.0.0.5を配信し、XboxOneX版の解像度は2880x1620PとPS4Pro版と同じ解像度になりましたが、何故かジャギーはXboxOneX版の方が少なく、フレームレートもXboxOneX版の方が高く安定しています。

バイオハザード3 公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720