今年発売される8K、4Kテレビに変化の兆しあり?

当HPで以前、CES2020での21:9カーブモニターや4Kテレビに関して記事を書きましたが、LGエレクトロニクスのブースはPCモニターだけでなく、主力のTVまでがゲーミングを強く意識した展開が印象的でした。

LGは、nVIDIAと提携を発表し今年2020年に発売する有機EL 4K TV新製品のほとんどに、nVIDIAのG-Sync Compatibleに対応、主力の有機EL TVやPCモニターなどでゲーミング色を強く押し出した内容でした。

PCモニターでゲーミング展開を強くプッシュするのは見慣れた光景ですが、主力の有機EL TVにまでG-Syncに対応させ、大画面TVでPCゲーミングをプッシュしていたのは新しい動きだなと感じました。

主力の有機EL TVにもGーSYNC Compatible対応をアピール、ゲームデモで展示。

今までの4K TVなどは、PS4ProやXboxOneXなどの4K HDR10出力対応に加えて、通常のPC入力での4K 60fps入力までがスタンダード。東芝レグザが一部モデルにHDMI 1080p 120Hz、HDMI 2560×1440 60Hz入力対応がありますが、FreeSyncやG-Sync対応などPCモニターで馴染みのある機能は、4Kテレビなどの製品ではほぼない状況でした。

ところが今年の1月に開催されたCES2020では、LGの他にソニーもブラビアの新製品で次世代ゲーム機PS5でのHDMI入力(4K 120Hz)に対応させてきたので、今年は年末の次世代ゲーム機リリースに向けて、4K TVも入力面で大きな進化をしそうな予感です。欲を言えば、日本のメーカーも海外勢に負けずにいち早くFreeSyncやG-Sync Compatibleなどに対応させて欲しいですね。

マイクロソフトは、XboxOneXでFreeSync2に対応(他に自動遅延ALLM機能にも対応)した事で、マイクロソフトがTVメーカーにもFreeSync対応などを呼びかけていくという話がXboxOneXの発売当時ありましたが、ようやくそういう状況になりつつあるのかな?と感じます。

次世代ゲーム機PS5、XboxSeriesXの発売をキッカケに、4K、8Kテレビの新製品にこの動きが加速する可能性はあるかもしれませんね。 🔚

LGエレクトロニクスTV公式サイト

ソニーブラビア公式サイト

東芝レグザ公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720