SONY 完全防水ワイヤレスイヤホンWF-SP900を数ヶ月間、プールで実際に使ってみて分かった良い点、悪い点。

SONYの完全防水ワイヤレスイヤホンWF-SP900を今夏プールで数ヶ月間に渡り、プールで数時間実際に泳いで使い続けて分かった良い点、悪い点をレポートしたいと思います。

IP65/IP68相当の高い防水、防塵性能

パッケージは防水防塵性能からスポーツを意識したデザインになっています。

本機の大きな特徴として、IP65/IP68相当の高い防水防塵性能を持っている事です。実際に水深1mのプールで、水底近くを20m潜水し続けても、全く問題ありませんでしたので、素晴らしい防水性能を有しているのは間違いありません。

この様にケースに綺麗に収まります。

本体に4GBのメモリーを搭載、本体のみで音楽が聴ける

そして更に本機の大きな特徴として、4GBのメモリーを本体に搭載している事です。これにより、PCから本体に好きな音楽を入れて、スマートフォンなしで本機だけで音楽を聴けてしまう事です。

L側のボタンを長押しすると「Bluetoothモード」と本体だけで聴く時に使う「プレイヤーモード」に切り替える事が出来ます。操作する度に女性の声で喋るので、どのモードに切り替えたかすぐに分かります。

L側のボタンを短く1回だけ押すとアンビエントモードになり、外音を取り込む事が出来ます。ただし、プールで泳ぐ際はアンビエントモードにしてしまうと、水の音がボチャボチャ煩くて聴けたものではないので、OFFにしておいた方が良いですw

ボタンは左右一つずつでシンプル

水泳ではタッチ操作OFFが大変便利

本機で水泳する際にこれはイイ!と思った機能が、タッチセンサー操作(音量UP、DOWN)を任意でOFFにする事が出来る事。タッチセンサー操作をOFFにしないで泳ぐと、水の圧力などでセンサーが反応してしまい、音量が上がったり下がったりしてしまい、これがまた鬱陶しいw それを防止する為に、タッチセンサー操作を任意でOFFにする事が出来るのです。

操作は簡単で、R側のボタンを長押しするだけです。すると、女性の声で「タップ・ファンクションOFF」と喋るので分かります。ケースにしまい、再び出した時は毎回リセットされてタッチ操作ONに戻るので、泳ぐ直前にケースから出し装着したら、直ぐにタッチ操作をOFFにする事を覚えて置いた方が良いでしょう。

スイミングしながら、スマホ無しで聴けるというのは大きい。

唯一の欠点はバッテリー持ち

そして、良くないというか唯一と言っていいくらいの欠点ですが、バッテリー持続性ですね。実際プールで数時間のスイミングで使うと、必ずと言っていいくらい途中でバッテリー切れで聴けなくなってしまいます。バッテリーを消費するBluetoothモードではない、本体のメモリー4GBに入れた音楽を、多少ボリュームを抑えて聴いていても数時間で切れてしまうので、もう少し長く持って欲しいところ。とは言え、スマホなしでスイミングやスポーツしながら音楽が聴けるのは最強に便利。しかも防水。次期製品でバッテリー持ちが更に良くなれば、最強でしょう。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720