マイクロソフトのアクティビジョン・ブリザード買収提案、英国規制当局(CMA)の調査を受けている模様。

,

       

マイクロソフトが計画しているアクティビジョン・ブリザードの巨額買収提案ですが、英国の競争規制当局の調査を受けているようです。

「The Competition and Markets Authority=消費者の利益のために競争を促進する」競争市場庁(CMA)は本日、ゲーム業界史上最大規模となる687億ドルの買収取引について、公正な取引であるかどうかの調査を開始したことを発表しました。

CNBCに対して出された声明の中で、英CMAは「例えば、この買収で価格の上昇、品質の低下、選択肢減少などを通じて、この取引が競争を阻害し、消費者にとってより悪い結果につながるかどうかを調査します。」と述べています。

英国規制当局は、7月20日までコンサルテーション(専門家の診断や鑑定を受ける)を実施し、この間にこの買収提案に関心を持つ第三者からのフィードバックを受けたいと考えているようです。この件に関するCMSの最初の判断は、9月1日が期限とされています。

英CMAの調査は、アメリカの連邦取引委員会(FTC)が、この買収がXboxに不当な競争力を与えるかどうかを判断するために行っている、反トラスト法の審査と一緒に行われるとの事。

マイクロソフトが提案するアクティビジョン・ブリザードの買収は、「Call of Duty」,「ウォークラフト」, 「Overwatch」, 「クラッシュバンディクー」,「キャンディクラッシュ」などの強力なブランドがXBOX傘下になる事を意味します。

しかし、マイクロソフトは規制当局の認可が得られれば、買収後も「Call of Duty」タイトルを含むアクティビジョン・ブリザードのゲームをプレイステーション・コンソール向けに発売し続け、同社のゲームを任天堂のプレーヤーにも、更に提供したいと述べています。

マイクロソフトは、買収の完了条件と規制当局の審査完了を条件として、2023年前半(6月末)までには、買収を完了したいとしています。

マイクロソフトが買収を完了させた事で、前述の強力なブランドがゲームパスの恒久的リスト入りする事になる可能性が非常に高いので、それが「不当競争防止」に抵触するかが最大の焦点と言えそうです。

🔚

via CNBC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720