『トップガン:マーヴェリック』に出演のジェニファー・コネリー、初共演のトム・クルーズとのラブシーンなどについて語る。

     

ファン待望、36年ぶりの続編となる『トップガン:マーヴェリック』ですが、オリジナル版のケリー・マクギリスに変わり、ジェニファー・コネリーが登場します。

ジェニファー・コネリーは本作で、空軍のパイロットが集まる酒場を経営する、ペニー・ベンジャミンを演じています。

ジェニファー・コネリーは、初共演となるトム・クルーズについてVrietyのインタビューで語っています。

“私は、本作に出演するまでトム・クルーズに会ったことすらありませんでした。彼はとても特別な存在です。彼と一緒に過ごすと、長年に渡りトップスターであり続けていることがよくわかります。彼にとってこの映画が、いかに重要であるかは明らかでした。プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー、そしてこの映画を愛するファンに敬意を表したいと思いました。”

と述べています。そういえばよくよく考えると、トムとジェニファーは今回が初共演なんですよね。

気になるトムとのラブシーンについては、

“2人がお互いの人生にどう関わっていくのか、その親密さに焦点を当てました。彼女が彼を理解する姿は、本当に優しい関係だと思います。ベッドでおしゃべりをするシーンがありますが、その前段階のシーンと同じくらい、2人の関係を物語っています。

明らかに2人の間には解決出来ていない問題がありますが、彼女はそれをユーモアと遊び心で乗り越えています。彼女はひたすら前向きで、幸せに向かって進んでいる人なんだと感じます。”

と語っており、本作では今までのジェニファーとはまた違った役柄を見る事が出来そうです。

Varietyのインタビューでは、『トップガン:マーヴェリック』の撮影時のエピソードや。現在もカルト的人気のある『ラビリンス』についてなど様々な事について語っています。🔚

via Vriety

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720