『ベター・コール・ソウル』のボブ・オデンカークが、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム入りで、主要キャストが勢揃い。

,

      

『ベターコールソウル』で主人公のジミー・マックギル(ソウルグッドマン)を演じている俳優ボブ・オデンカークが、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム入りする事になり、昨日セレモニーがハリウッドで開催されたようです。

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムは、簡単に言えばハリウッド殿堂入りみたいなもので、映画、音楽、テレビ、舞台、ラジオ業界で活躍した人の名から一般投票で選出されます。ハリウッドBVを起点に、その業績を讃えて名前のプレートが路面に設置され、永遠に残るわけです。

セレモニーには、ボブ・オデンカークと奥方はもちろん、『ベターコールソウル』で良き妻キンバリー“キム”ウェクスラーを演じたレイ・シーホーンをはじめ、製作、プロデューサーのヴィンス・ギリガン、マイク・エルマントラウト役のジョナサン・バンクス、ガス・フリング役のジャンカルロ・エスポジートマイケル・マンドトニー・ダルトンなど、主要キャストも駆けつけ、ほのぼのとしたアットホームなセレモニーになったようです。

セレモニーは、Variety公式YOUTUBEチャンネルでノーカットで公開されています。

via Variety YOUTUBE Channel

🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720