ソニー、新しい『PlayStation Plus』の世界各地の開始日を発表。改めて、3段階のサービス内容と価格をおさらい。

,

      

ソニーは、3種類の新しい定額制サービス「 PlayStation Plus 」の発売日スケジュールを更新、発表しました。

「 PlayStation Plus 」のEssentials、Extra、Premiumは、既に発表されている通り、6月にアジアで先行開始、その後、北米、欧州で順次開始される予定との事。

さらに、ブルガリア、クロアチア、チェコ、ギリシャ、ハンガリー、マルタ、ポーランド、キプロス、ルーマニア、スロバキア、スロベニアでもクラウドストリーミングの利用を拡大する予定だそうです。

新しい「プレイステーション プラス」の正確な開始日は以下の通り。

  • アジア市場(日本を除く) – 2022年5月23日を予定
  • 日本 – 2022年6月1日を予定
  • 米国 – 2022年6月13日を予定
  • ヨーロッパ – 2022年6月22日を予定

改めて、おさらいとして新しい「 PS Plus 」の3種類のサービス内容と価格を掲載しておきます。

PlayStation Plus エッセンシャル

特典

  • PlayStation®Plus会員が現在受けている特典と同じものを提供。
  • 毎月2本のダウンロードゲーム
  • 特別割引
  • 保存したゲームのクラウドストレージ
  • オンラインマルチプレイヤーへのアクセス
  • 既存のPlayStation®Plus会員は、このランクでの変更はなし。

「PlayStation Plus Essential」の価格は、現在のPlayStation Plusの価格と同じ。
米国:月額9.99ドル/四半期24.99ドル/年額59.99ドル
ヨーロッパ:月額8.99ユーロ/四半期24.99ユーロ/年額59.99ユーロ
イギリス:月額6.99ポンド / 四半期19.99ポンド / 年間49.99ポンド
日本:月額850円/四半期2,150円/年額5,143円

PlayStation Plus エクストラ

特典

  • エッセンシャルレベルのすべての特典を提供。
  • PlayStation®Studioやサードパーティーのヒット作を含む、PS4®およびPS5®のゲームを最大400タイトル追加します。エクストラレベルのゲームは、ダウンロードしてプレイすることが可能。

価格
米国:月額14.99ドル/四半期39.99ドル/年間99.99ドル
欧州:月額13.99ユーロ/四半期39.99ユーロ/年額99.99ユーロ
イギリス:月額10.99ポンド / 四半期31.99ポンド / 年間83.99ポンド
日本:月額1,300円/四半期3,600円/年間8,600円

PlayStation Plus プレミアム

特典

  • エッセンシャルとエクストラのすべての特典を提供。
  • 最大340本※のゲームを追加。
  • クラウドストリーミングで利用可能なPS3®のゲーム
  • 初代「プレイステーション」、PS2、PSPの各世代で愛された名作ゲームのカタログをストリーミングとダウンロードの両方で提供
  • 現在PlayStation®Nowが提供されている市場において、エクストラおよびプレミアムで提供される初代「プレイステーション」、PS2、PSP、PS4用ゲームのクラウドストリーミングサービスを提供します。PS4™、PS5™、PCで利用可能。
  • また、期間限定のゲームトライアルも提供し、購入前に一部のゲームを試遊が可能。

価格
米国:月額17.99ドル/四半期49.99ドル/年額119.99ドル
欧州:月額16.99ユーロ/四半期49.99ユーロ/年額119.99ユーロ
イギリス:月額13.49ポンド/四半期39.99ポンド/年額99.99ポンド
日本:月額1,550円/四半期4,300円/年額10,250円


改めてPS5とXbox Series Xのユーザーとして見ると、新しい「PS PLUS」の内容は、例えプレミアムであってもXboxゲームパスと比べると、明らかにお得感が劣るのは否めません。

Xboxゲームパスの場合、今後買収したスタジオのAAA大作(ヘルブレード2Forza Motorsport 、Gears 新作、AVOWED)が続々と発売される度に、そのお得度はグングンと増していくでしょう。

ただし、気になるのはゲームパスのお得な価格がいつまで続くのか?という事です。これは海外メディアでも度々指摘されていて、マイクロソフトも利益を上げ続けなければならないので、このままの価格である事はないだろうとしています。

アクティビジョン・ブリザードの買収承認が来年2023年6月末で無事完了し、同社のCALL OF DUTYを含む錚々たるラインナップがゲームパスの恒久リストに加わると同時に価格改定があるのかもしれませんし、このあたりは気になるところではあります。

いずれにろ、「PS PLUS」のプレミアと同じ1,550円に値上げされたとしても、XBOXのファーストパーティタイトル群があるだけで、お得度は圧倒的にゲームパスではあると思います。🔚

via PlayStationBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720