【沢村一樹?】3Dアーティストが、超リアルな『マックス・ペイン』3Dモデルを製作。

先週、Remedy Entertainmentが、Rockstar Gamesと共同で『Max Payne』と『Max Payne 2』をリメイクすることを発表しました。

PC、PlayStation 5、XboxシリーズX|S向けにそれぞれ単一タイトルとしてRemedyが開発、Remedy独自の最新ゲームエンジンである「Northlight」エンジンを採用することも決まっています。

これを記念して、TVシリーズ、映画、アニメ、ゲームなどの様々なキャラクターの再現で知られる3Dキャラクターアーティストのホセイン・ディバ氏が自身のYOUTUBEチャンネルで「マックス・ペイン」をリアルに製作しました。次世代グラフィックスで「マックス・ペイン」を1作目のパッケージに採用された有名なポーズで再現されています。

まるで生きているかのような、リアルな3Dモデルではありますが、『マックス・ペイン』は様々な思い入れのあるファンが多いと思うので、外観はそれぞれ好みもあるとは思います。

しかし、この顔は日本の俳優「沢村一樹」さんにそっくりと思ったのは私だけでしょうか?w

元々、『マックス・ペイン』1作目は、当時のRemedyは限られた予算だった事もあって、主人公のマックペインは現在Remedyのクリエイティブ・ディレクターでもある、サム・レイク氏が演じています。ボイス・アクトはジェームズ・マキャフリー氏が担当しています。目を細めて銃を撃つ顔は、後にサム・レイク氏自身のイメージにもなりましたw

Remedyが1作目のリメイクのマックスペインのキャラクターモデルをどう仕上げるのかです。1と2でキャラクターモデルが違うので、サム・レイク氏の顔をリアルに仕上げるのか、2でマックス・ペインを演じたティモシー・ギブス氏の顔をベースにするのか、、もしくは、1と2でキャラクターモデルを統一するのか、、当時からのファンからすると、オリジナル作品でイメージが確立されている事もあるので、このあたりは気になるところです。

『Alan Wake』のリメイク版のキャラクターモデルが個人的にイマイチだったので、ちょっと心配ではあります。。

🔚

via HosseinDiba Youtube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720