ディスカバリーとワーナーメディアが430億ドルで合併を完了

,

AT&TとDiscoveryは、DiscoveryをWarnerMediaに統合する430億ドル(約5345億円)の取引を終了したことを、内部メモで確認したとAXIOSが報じています。

この統合で、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーとなり、新たに統合された会社として、ディズニーやNetflixと並ぶ巨大なエンターテイメント業界最大手の誕生となります。

ディスカバリー社の社長兼CEOであるDavid Zaslav氏は、新会社を率いることになり、「ワーナー・ブラザース・ディスカバリー」は、ワーナー・ブラザース・スタジオ、TNT、TBS、Discovery、HGTVに加えて、プレミアムネットワークHBOなどのケーブルチャンネル、HBO Max、Discovery+、CNN+の3つのストリーミングサービスもあります。

文字通りかなり強力です。

新会社に残るのは、ワーナー・ブラザース映画グループ会長トビー・エメリッヒ氏、ワーナー・ブラザースTVグループ会長チャニング・ダンジー氏、インターナショナル社長ゲルハルト・ザイラー氏、HBOおよびHBO MAX最高コンテンツ責任者ケーシー・ブロイス氏など。

統合後の企業価値は1300億ドル(約16兆円!)となり、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーの2023年の予想売上は約520億ドル(約6400億円)、そのうち150億ドル(約186億円)は消費者直販の売上となる見込みとの事。

AT&Tが850億ドルもの巨額を投じ、当時のTime Warnerの買収を完了したのは、わずか4年前。今回の動きは、AT&Tが事実上ハリウッドから早々に撤退することを意味すると言われています。

Discovery社の幹部は、Discovery+とHBO MaxをCNN+とともに統合して提供する計画との事。これは、DisneyがDisney+、Hulu、ESPN+を販売しているのと同様に、バンドルとしてスタートするようです。

日本でDiscovery+はいつ開始されるんでしょうかね、、一時期アプリで観れるアプリ・サービスはありましたが、終了して以降音沙汰ないので、この再編でどうなるのか気になるところです。

via AXIOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720