「God of War」開発者、PC版リリース経緯、MODサポート、キーボードでのプレイについて語る。

, ,

         

ついに発売されたPC版「God of War」ですが、開発スタジオであるソニー傘下の「サンタモニカ」のクリエイティブ・ディレクターであるCory Barlog氏とテクニカル・プロダクションのシニア・マネージャーであるMatt DeWald氏のインタビューで、Barlog氏がPC版「God of War」について様々な事について語っています。非常に興味深い内容でしたので、一部ご紹介したいと思います。

PC版についてBarlog氏は

「まだGod of WarをプレイしたことのないハイエンドPCゲーマーに体験してもらえるのは、とてもエキサイティングなことだと思います。私はRTX3090(nVIDIAのハイエンドグラフィックカード)を持っていませんが、ハイエンドPCゲーマーなら3090を持っているはずです。ウルトラワイドの画面でプレイすると、かなりすごい体験ができます。」

と述べています。最近、ソニーはGod of Warのウルトラワイド画面のトレイラーを公開していますが、大幅に横に広がった事で広大な画面になり、まるで別のゲームに見えるほどで、映画を見ているような迫力があります。

インタビュー記事では、Matt DeWald氏が「God of War」が既に1950万本も売れたことを明かし、これだけ売れたのにまだプレイした事がないゲーマーがいることに驚いた。とも述べています。

「ゲーム機では2,000万本近く、1,950万本を販売しましたが、まだ一度もプレイしたことのない人がいると聞いて驚きました。今までにコンソールでプレイしたことがない人は、おそらく今後もコンソールでプレイすることはないでしょう。ですから、今回のアップデートは、彼らがプレイする可能性のあるプラットフォーム(PC)でプレイする機会を提供するものです。コーリーが言ったように、「ウルトラ・ワイドスクリーン」が追加され、4K解像度でもプレイできるようになりました。グラフィックの解像度を引き上げることで、コンテンツの素晴らしさをより際立たせることができます。」

と述べ、まだプレイした事のないPCゲーマーにプレイして欲しいという思いもあったようです。

Barlog氏は、ソニーがPS独占タイトルのPC移植を決めた理由に、「世界中の傘下スタジオがPC版のリリースを素晴らしいアイディアだ賛同した事が転換点になったと思う。」とも明かし、ソニー傘下スタジオの開発者たちの声が大きかったようです。

更に、新作の「God of War: RAGNAROK」のPC版もコンソール発売から間を置かずに発売されるのか?という質問には、「それは全く分かりません。最終的にはソニーが決める事です。」と述べています。

PC版で気になる「God of War」でのキーボードとマウス操作です。プレイステーション版にはなかった、すべてのキーを変更できるカスタマイズ可能なインターフェースの構築だけでも大変な作業だったようです。

現在、Xboxのコントローラーで多くの人がPC版「God of War」をプレイしている事については、

「素晴らしいと思います。Switchのコントローラーでもサードパーティー製のコントローラーでもプレイ出来るようにしました。「God of War」をプレイしたい人を制限する必要はないので、できるだけ多くのオプションを追加するようにしました。」

どうやら、幅広く多くのコントローラーに対応しているようです。

MODについてDewald氏は「スキルに優れた皆さんが、どんなものを作るのか楽しみです。」と述べ、Barlog氏はPCゲームで、MODがあればMODを使ってプレイしているそうで、「PCゲームの魅力のひとつは、他の人がゲームに何かを加えたり、改良したりして、自分の体験を高めてくれるということです。「GTA」や「Skyrim」は、”ちょっとやってみたい “と思う人がいるからこそ、どんどん良くなっていくゲームの好例です。ゲーム機ではそのようなレベルのインタラクションはありませんから、その可能性があるということは素晴らしいことだと思います。」と述べています。

そして、今後MODサポートを充実させたり、ユーザーがMODを作りやすくするツールなどの計画はあるのかという質問にDeWald氏は、

「今のところそれらは、予定に入っていませんが、何が起こっても不思議ではないと思います。しかし、アセットをMayaからゲームに取り込むにはかなり複雑なプロセスが必要で、そのためにユーザーフレンドリーなツールを作ろうとすると、何ヶ月もかけて自社のアーティストをトレーニングしてプロセスを整えます。私たちのツールは、私たちがコンテンツを制作する際のプロセスに基づいて作られています。」

Barlog氏は、「私たちのツールは難しいんです。それが私たちのやり方です。難しいツールが好きなんです。私たちのエンジンは、そう言った機能をサポートするようには作られていません。私たちのツールは超カスタムされており、非常に複雑です。将来的にそのようなことは起こらないと思いますが、誰にもわかりません。」

とMOD製作支援ツールに関しては難しそうですが、有志の開発力は恐るべきものなので、もしかすると開発ツールを作ってしまう猛者が出てくるかもしれません。🔚

via Gameinformer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720