Xboxボス フィル・スペンサー氏「よりソーシャルでカジュアルなコンテンツに投資していきたい。」

Game | Microsoft | PC

マイクロソフトが次に購入する大きなゲームは、より広く、よりカジュアルなユーザー向けのものになるかも。。XBOXボスのフィル・スペンサー氏は「カジュアル」なコンテンツにもっと投資したいと考えているようです。

Paley International Council Summitで「ブルームバーグ」のインタビューでフィル・スペンサー氏は、

「Xboxで多くのカジュアルゲームやソーシャルゲームを望んでいます。よりソーシャルでカジュアルなコンテンツに投資していきたいと考えています。

と述べています。マイクロソフトは2018年以降、数多くのスタジオを買収、または設立し、Xboxのファースト・パーティスタジオ「Xbox Game Studios」と「Bethesda Softworks」合わせてなんと23ものスタジオ連合に成長させました。

これら23のチームは現在、Bethesda Game Studiosの大作『Starfield』や、Arkane Austinの『Redfall』、TURN10の「Forza Motorsport」など、今後発売されるXboxの独占タイトルの開発に取り組んでいます。

スペンサー氏は「Xboxの一員になることを選択してくれたクリエイター達をとても誇りに思います。」と述べています。

スペンサー氏は、「ゲーム業界における強固な買収環境は、適切なコンテンツを求める我々のような会社にとって重要であるだけでなく、革新的な才能あるクリエイターをサポートするためにも重要です。」

「これまでに買収した企業や提携した企業を見てみると、長期的な関係を築いてきた企業がXboxの中に入ってきており、プラットフォームやサービスに関する当社のロードマップを理解していただいています。このチームの一員として、彼らが最も素晴らしいクリエイティブな仕事ができる環境にしたいのです。」と述べています。

そして、マイクロソフトは半導体不足の影響などもあってXbox Series X|Sコンソールの需要を満たせない状態が続いています。スペンサー氏は、「今後この問題を回避するために、ハードウェアの製造場所を分散させる方法を模索している。お客様に製品をお届けし続けなければなりません。それが私の責任です。長い目で見れば、サプライチェーンを言い訳にすることはできません。」と述べています。

ここ数年をみていると、コアゲーマーに響くスタジオ買収が続いていたので、次は「カジュアル」コンテンツを強化してより幅広い客層をゲームパスメンバーに獲得したい狙いがあるようですね。。先週、マイクロソフトがクリスタル・ダイナミクス、IOインタラクティブ、アバランシェスタジオを買収するという噂が出ていましたが、今回のフィルさんの言葉からすると、それはなさそうな気もしますが、さてどうなるか。。

via ブルームバーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720