「Elden Ring」解像度モード、パフォーマンス・モードがある模様。レイトレーシングはパッチで実現。

Game | Microsoft | PC | SONY

バンダイナムコが「Elden Ring」のパフォーマンス・モードの詳細とPS5、Xbox Series X、PCでのレイトレーシングのサポートを公式確認したようです。

PS4 Pro、PS5、Xbox Series S、Series X版は、「パフォーマンスモード」「解像度モード」を搭載するようですが、レイトレーシング対応はPS5、Xbox Series X、PCにアップデートで追加されるとの事。

これは、発売日のデイワン・パッチなのか、それとも発売後のアップデートなのかは不明ですが、おそらく発売後にアップデートパッチでレイトレーシングに対応という事だと思います。

パフォーマンス・モードでは、画面の解像度を負荷に応じて調整(ダイナミック解像度?)する事によって、60fpsに近づけるとバンダイナムコは述べています。解像度の範囲については明らかにされていません。

解像度モードでは、極力高い解像度で描画し、フレームレートは30fpsとなるようです。芝生などの地面や他のオブジェクト表示については、ゲーム機によって違いがあるようです。これは気になるところ。

PS5、Xbox Series Xともに、解像度モードでは最大3840x2160Pの4K解像度(あくまで最大時)、パフォーマンスモードでは、最大60fpsで動作するとの事。

PC版「Elden Ring」のフレームレートは最大60fpsが上限となるようで、それ以上の高フレームレートにはならないようです。これはPCユーザーにとっては残念なニュースかも。後日のアップデートパッチで上限が撤廃される可能性はあるかもしれませんが、今のところは60fpsが最大となるようです。

前世代機については、PS4 Proがチェッカーボード・レンダリングで最大3200x1800Pで動作、PS4は最大1080Pで動作するとの事。両機種ともに30fpsで動作。

Xboxでは、Xbox One Xは最大3840x2160Pの4K解像度、Xbox Oneは900Pで動作するようで、どちらも30fpsで動作との事。

クロス・ジェネレーション対応という点では、Xboxの両世代間でセーブデータを引き継ぐことが可能なようです。

先週、バンダイナムコとフロム・ソフトウェアは、今週に予定されているクローズド・ネットワークテストに先駆けて、「ELDEN RING」の20分にも渡るゲームプレイ&解説 映像が公開されました。

合わせて「Elden Ring」コレクターズエディション、プレミアム・コレクターズエディション、予約特典内容も正式に発表されています。

日本でパッケージ版が発売されるのは、PS4、PS5、PC版の3プラットホームで、残念ながらXBOX版はダウンロード版のみとなります。

海外では「プレミアム・コレクターズ・エディション」がアナウンスされていますが、日本では「コレクターズ・エディション」のみで、「プレミアム・コレクターズ・エディション」の発売は、今の所はないようです。

🔚

via VGC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720