【XboxWire日本語訳】Microsoft Flight Simulator、Xbox Series X|SとXbox Game Passで発売。

米国Xbox公式ニュースサイトXboxWireが更新され、マイクロソフト・フライトシミュレーターのXbox Series X|S版の解説記事が掲載されたので、日本語訳をご紹介します。

私もRTX3090 OCの自作PCでPC版リリースされて直ぐにプレイしましたが、まだまだ改良の余地ありという感じでしたが、その後は待望の日本語ローカライズもされ、世界各地の再現度の改善、パフォーマンス改善などに加えて、様々な機能面にも手が加えられ、Xbox Series X|Sのコンソール版で多くのプレイヤーがより気軽にプレイしやすいように改善されているようです。

膨大な更新ファイルとアップデートに非常に時間がかかるのが厄介ですが、初期より大幅に改善された事で、コンソール版から初めてプレイされる方にとっても非常に良いのではないかと思います。

私も久々にプレイしてみたくなったので、起動してみようと思います。前述の膨大な更新を待たなければなりませんが、、その価値はありそうです。

フライトシミュレーターのコミュニティにとって重要な出来事として、本日、『Microsoft Flight Simulator』をXbox Series X|Sに提供し、意欲的なパイロットがゲーム機で初めて飛行する機会を提供します。

軽飛行機からワイドボディのジェット機まで、ダイナミックで生き生きとした世界の中で、正確な風速・風向、気温、湿度、雨、雷などのリアルタイム気象に挑戦し、自分の操縦技術を試すことができます。Bing Mapsの衛星データとAzureを使ったクラウドベースのAIの力で、37,000以上の空港、200万以上の都市、15億以上の建物、実際の山脈、道路、木、川、動物、交通など、地球全体を驚くほど詳細に旅することができます。PC版と同じレベルの深みがあり、これまでに制作した中で最も本格的でリアルなフライトシミュレーターを、これまで以上に多くの方にお楽しみいただけます。

Xbox Series X|Sのパワーを活かすために最適化された『Microsoft Flight Simulator』は、空を飛ぶリアルさ、正確さ、そしてリアルな感覚をもたらします。初めてパイロットになる方でも、すぐに飛び込んでフライトのスリルを体験できます。『Microsoft Flight Simulator』 Xbox Series X|Sでは新しい機能を追加し、より親しみやすい体験を提供しています。

ディスカバリーフライト

初めての方でも、簡単に『Microsoft Flight Simulator』の世界に入ることが出来ます。ギザの大ピラミッド、エベレストなど畏敬の念を抱かせる場所や、ナポリやリオデジャネイロなどの活気あふれる都市など、地球上の最も印象的な不思議を体験することができます。空からスタートして、出発しましょう。

ワールド・エクスプロレーションの向上

多くのユーザーが『Microsoft Flight Simulator』で探索することを好んでいますが、その体験をさらに強化しました。ワールドマップには、衛星画像、マップラベル、主要なポイント・オブ・インタレスト(POI)が表示され、世界を探索すること(そして家を見つけること)ができるようになりました。この機能をフライト・エクスペリエンスにも拡張し、ユーザーはフライト中にPOIラベルを起動できるようになりました。これにより、ユーザーは都市や山などのランドマークの空間的な関係を把握することができます。

フライト・トレーニング

飛行訓練を大幅に改善し、よりスムーズな学習曲線を確保し、よりコンパクトにするとともに、新しいパフォーマンス評価システムを追加しました。現在、22本のフライト・トレーニングがあり、基本的な操縦から始まり、着陸と離陸、VFRナビゲーション、エアバス320neoのような旅客機の操縦方法まで、飛行の基礎を学ぶことができます。また、要素の説明やフィードバックを助けるために、文脈に応じたボイスオーバーを追加しました。

フライト・アシスタンス

今回、フライト中にAIが助けてくれる「フライトアシスタント」という非常に便利な新ツールをご紹介します。

  • 近くのPOIや空港を選んで目的地に設定し、方向を知ることができます。
  • AIに自動着陸させるために使うことができます。
  • オートトリミングやアンチストールなどにも使えます。

着陸はどこでも

ほとんどのフライトシミュレーターでは、空港での離着陸は複雑で、初めての方には不安がつきまといます。地球の71%は水なので、着水オプションを追加しました。私たちはいくつかの機体を改良し、オプションのフローターやスキー、「大きなタイヤ」機能を取り入れ、ほとんどの場所に着陸できるようにしました。

『Microsoft Flight Simulator』Xbox Series X|Sは、スクリーンナレーターの追加や、ディスカバリーフライトなどの新機能、すべての新しいスコアリング・トレーニング・フライト、強化されたランディング・ギア(着陸)などにより、新しいパイロットがフライトのスリルをすぐに体験できる、これまでで最もわかりやすい作品です。

昨年、PCで『Microsoft Flight Simulator』を発売したことは、可能な限り最高のシミュレーションを作るための旅の始まりに過ぎません。

無料のワールドアップデート(日本、アメリカ、フランス、ベネルクス、イギリス&アイルランド、北欧)、無料のシミュレーション・アップデート、テーマ別のDLCバンドル、実在する航空機など、Xbox Series X|Sのユーザーの皆様には、コンソールでもこれらのアップデートをお楽しみいただけます。空が呼んでいる!

『Microsoft Flight Simulator』は、Xbox Game Passが付属するXbox Series X|S、Xbox Game Passが付属するWindows 10 for PC、そしてSteamで発売されています。

『Microsoft Flight Simulator』の最新情報は、マイクロソフト・フライトシミュレータ公式Twitterをご覧ください。

via XboxWire

MFS | Microsoft | Microsoft Flight Simulator | PC game | XBOX | Xbox Series S | xbox Series X | XboxSeriesX | XboxWire | XboxシリーズS | XboxシリーズX | マイクロソフト | マイクロソフト フライトシミュ | マイクロソフト フライトシミュレーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720