米情報機関関係者「未確認空中物体の常識を超える動きは説明出来ない。そして、それらが地球外の宇宙船である証拠もない。」

米国情報機関のUFOに関する知識を詳述した待望の報告書は、当局が謎の物体の加速、方向転換、水中での高速移動 など多くの点で、それらの動きを説明できないことを明らかにし、同時にそれらがエイリアンの宇宙船であるという証拠も見つかっていない。と、木曜日に報告されました。

今月末に議会に提出される予定の報告書では、いわゆる「未確認空中現象:UAP」との遭遇が120件以上あり、そのほとんどが米国政府、米軍の秘密技術とは無関係であるという結論になっている。と報告書を知る政府高官の話としてNYタイムズが報道しました。

しかし、この文書は決着というより一層の疑問、疑惑をもたらすかもしれません。同高官によれば、これが報告書から得られた「唯一の決定的な発見」であり、目撃された現象がエイリアンの宇宙船である可能性を決定的に排除するものでもないという。

情報機関の関係者は、軍関係者が目撃した物体の動き(急加速や水中での高速移動能力など)について、明確な説明ができていないと指摘しています。この報告書は、国家情報長官室と国防総省がまとめたものです。

この報告書の一部は機密扱いとなるようで、政府関係者はNYタイムズ紙に対し、機密扱いの部分にはエイリアンの宇宙船の存在を結論づける情報は含まれていないと述べていますが、報告書の一部が非公開となったことで、新たな憶測を呼ぶ可能性があるかもしれません。ある政府関係者は、この未確認空中現象(UAP)の物体が、中国やロシアなどの先端秘密技術ではないかと、情報機関や軍関係者の間で「懸念」されていると語っています。

UFOの存在の真偽については、何十年も前から様々な憶測が飛び交っていますが、近年、米国議会では、軍内部での原因不明の目撃情報の機密解除を求める声が日増しに高まっています。それに伴い、軍内部からのリーク映像も増え始めています。

ま、予想とおりすっきりしない内容のレポートになりそうな感じです。地球外の生命体による証拠はない、でも正体が分からないという曖昧な答えは、ここ数十年の政府の主張とほぼ変わりありません。

しかし、年間数1000億ドル以上の巨額が防衛予算として支出されているのに、米国上空や軍施設の周囲を好き放題飛び回る物体に何も対応出来ず傍観し、「何も知らない」では済まされないのではないでしょうか?

今月中に提出されるというレポートが非常に気になるところです。

🔚

via FoxNews, NYTimes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720