ソニー、4月末のPS5ファームウェアのアップデートで2つ目の重大な4K HDR関連バグを修正した模様。

Forbsのジョン・アーチャー記者によると、ソニーは数週間前の4月末に、初の大規模なシステムソフトウェアアップデートを実施し、新機能の追加だけでなく、これまでサムスンの2020年モデルのテレビなど4K HDR映像を120Hzでプレイできなかった問題を修正したようです。

この4月末のアップデートは、ソニーの公式アナウンスには記載されていないようですが、発売以来多くのPS5ユーザーを悩ませてきた2つ目の問題も解決されたようです。

セカンダリーディスプレイやオーディオ機器のスペックからは、4K HDRの再生が可能になっている上に、テレビやその他の機器のHDMI端子を「拡張広帯域モード」に切り替えるなど、4K HDRを実現するために必要な手順を入念に再確認したにもかかわらず、正しく表示されていなかったようです。

この 4K HDR関連の問題は、PS5を外部のサウンドバーやAVレシーバーに接続して使用しているユーザーに特に多く見られたようです。この場合、他のソースでは同じ設定でも4KやHDRが正常に表示されていたようで、これは明らかにPS5が問題の原因であることが容易に判明していたようです。

しかし、Forbsのジョン・アーチャー記者は、「今回の広範囲にわたるPS5のHDMI不具合修正アップデートでも問題が解決されない場合は、正直なところ今後も解決されない可能性が高いと考えている。」と述べています。

🔚

via Forbs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720