【343開発者ビデオインタビュー】「Halo Infinite」では車両のゲームプレイシステムを改良、更にグラップリングフックで武器を奪う事も可能になる模様。

「Halo Infinite」を開発中の343IndustriesチームのQuinn DelHoyo氏との新たなビデオインタビュー映像が公開され、Halo Infiniteのオープンワールドに関する興味深い新情報が明らかになっています。

ビデオインタビューの中で最も興味深いのは、Halo InfiniteがHaloの車両システムを完全に見直していることで、車両にヘルスバー(体力バーのようなもの)を与え、ゼロになると爆発させるのではなく、車両の効果がダイナミックに減少するようにしているということです。

例えば、ワートホグのホイールやタイヤを撃ち続けると、車両を操作するプレイヤーが車両を操縦が困難になるようです。これは今までのHalo作品の車両システムからは大きな変更になりますが、これまでの車両とゲームプレイの攻略などがより面白くなりそうです。

Image:343 Industries

更にインタビュー内では、グラップリングフックのピックアップに関するいくつかの情報も詳細に記載されていました。プレイヤーが十分なスキルを持っていれば、グラップリングフックを使ってバンシーにしがみつき、パイロットからバンシィを乗っ取ることが可能であると述べています。

さらに、グラップリングフックはそれを使用しているプレイヤーに武器を引き寄せることができることも確認されており、パワーのある武器の奪い合いになった際、非常に効果的であることは間違いありません。グラップリングフックがより手軽で便利で面白いものであれば、『Halo Infinite』では熾烈な奪い合いも起きそうで、今まで以上にワイルドなゲームプレイが待っているかもしれません。

インタビューの最後のニュースは、343 Industriesが発売後に「Halo Infinite」に新旧両方の武器を多数追加する計画を立てていることです。

これはクラシックなHALOゲームで大活躍したポンプアクションスタイルのHaloショットガンのような武器が戻ってくる可能性があることを意味します。

Halo InfiniteはXboxシリーズX、XboxシリーズS、Xbox Oneコンソール、Windows 10 PCで60ドルで発売される予定です。ゲームパスのメンバーは発売から追加料金なしでダウンロードしてプレイする事が可能です。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720