【Xbox Wire日本語訳】インサイドXbox Series X|S:ヒットマン3の最適化

米国Xboxの公式ニュースサイト、Xbox Wireのサイトでヒットマン3のXboxシリーズX|Sでの開発など開発者への詳細なインタビュー記事が掲載されたので、日本語訳しました。

残念ながらまだ日本ではPC版(EPICストアの1年間の時限独占販売)のみで、コンソール日本版は未発売ですが、一応メジャータイトルでもあり、私もPC版をRTX 3090でプレイしているので、掲載します。


ハードウェア・パワーの最大のメリットは、開発者がXbox Series X|Sに最適化されたゲームを作れるようになったことです。これは、Xbox Series X|Sの開発環境を利用してネイティブに作られた新作タイトルだけでなく、Xbox Series X|S専用にリビルドされた既発売タイトルでも、Xbox Series X|Sのユニークな機能をフルに活用していることを意味しています。

「Inside Xbox Series X Optimized」シリーズでは、Xbox Series X|Sに向けてどのようにタイトルを最適化しているのか、そしてそれがゲームの未来にとってどのような意味を持つのか、クリエイターの方々に舞台裏を語っていただきます。本日は、IOインタラクティブのCTOであるMaurizio de Pascale氏に、Xbox Series X|S用にHitman 3を最適化する方法についてお話を伺います。

Q:ヒットマン3を次世代ハードウェアで開発し、命を吹き込むことに最も興奮していることは何ですか?

A:新しいXboxのパワーにより、開発チームが当初意図した通りのゲームを画面上で実現することが可能になり、CPUサイクルやIO帯域幅が少ないハードウェアの妥協や制約を受けることはありません。

Q:XboxシリーズX|Sのパワーとパフォーマンスの恩恵を受けて、ロード時間を短縮することに加えて『ヒットマン3』の開発では、どのようなXboxシリーズX|Sの機能を活用することに最も期待していましたか?

A:高フレームレートは、他に類を見ないほどのしなやかさをもたらしていると言ってもいいでしょう。

個人的にはステルス要素が好きなのですが、追い詰められた時の銃撃戦のアクションが好きなんです。XboxシリーズXの安定したフレームレートは、狙いを定めるのが簡単になります。そして、生きたまま立ち去ることができます。

考えてみれば、60fpsはアクションプレイヤーにもゲームを競い合う上での優位性を与え、より早くミッションをクリアできるようにしてくれるかもしれません。

Q:これらの機能強化は、『ヒットマン3』のプレイヤー体験にどのような影響を与えるのでしょうか?

A:新しいコンソールのために追加した機能強化により、前世代(Xbox One)の『ヒットマン2』をプレイした時に見られたものを超え、シミュレーションの忠実度を向上させることができました。

例えば、各場所のNPCはより高い頻度でより多くの数更新され、破壊はより多くの破片や粒子を使用しています。

Q:開発チームが解像度の向上を重視したのはなぜですか?そしてフレームレートの向上を Hitman 3の強化として選択した理由は何ですか?

多くのソースアセットはすでに4K対応として作成されていたため、解像度とフレームレートの向上に焦点を当てることは非常に理にかなっていました。しかし、前世代のハードウェアではスケールダウンしなければなりませんでした。

シリーズX|Sのハードウェアでは、遂にソーステクスチャのディテールを活用できるようになりました。

Q:ヒットマン3のファンが、これらの機能強化でXboxシリーズX|Sでプレイすることにどのような反応をすると思いますか?

A:プレイヤーはすぐにその違いを感じることでしょう。体験はよりスムーズに、より速く、より全体的に向上しています。リアルなロケーションやキャラクターが以前よりもさらにリアルになり、世界に没入できるようになりました。

Q:XboxシリーズX|Sでの開発はどのような感じですか?

シリーズ X|S での開発は、前世代と比べてさらに改善されていることがわかりました。早くから GDK を採用していたので、コードベースの一部を大幅に簡素化することができました。

マイクロソフトのサポートは、同時に親切でプロフェッショナルであるという点でも群を抜いています。

Q:XboxシリーズX|Sのヒットマン3のために、最も興奮したのはどの機能強化でしょうか?

ヒットマン3を「LIVEゲーム」として捉えていまして、1月20日の発売日は旅の始まりに過ぎず、今後もゲームに取り組み続け、新機能を追加していきます。

XboxシリーズX|SのGPUが、レイトレーシング(以下、RT)をハードウェアでサポートしているのは素晴らしいことです。「Glacierエンジン」のRT技術にはすでに取り組み始めており、準備ができたと判断されれば、シリーズX|Sのハードウェアにもぜひ導入したいと思います。

Q:スマートデリバリーは、ゲームにとってどのような意味があるのか、また、ヒットマン3をどのようにファンに届けようとしているのかを教えてください。

スマートデリバリーは、世代間の移行を支援するだけでなく、プレイヤーがゲームをプレイする方法や場所を選択できるようにするための素晴らしい機能だと考えています。

「ヒットマン3」では、この機能を全面的に取り入れ、Xbox OneとXboxシリーズX|Sでプレイヤープロファイルを共有するように設定しました。これにより、「ヒットマン3」のプレイヤーは、簡単に世代間の移動が可能になり、ゲームの進行状況を維持することができるようになります。

Q:XboxシリーズX|Sの開発は、前世代機では実現できなかったような、現在のプロジェクトや将来のプロジェクトで何を可能にしているのでしょうか?

私たちは、XboxシリーズX|Sのコンソールは、ゲーム性とストーリー性がシームレスにブレンドされた新世代の映画体験を本当に可能にすると確信しています。遂にロード画面と待ち時間はなくなりつつあります。

via XboxWire

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720