NVIDIA、RADEON「Big Navi」を意識し、 GeForce RTX 3080 Tiに9984個のCUDAコアを搭載か?

NVIDIAは、AMDからの継続的な攻勢にもかかわらず、長い間パフォーマンスの優位性を保持してきました。夏にはGeForce RTX 3080とRTX 3090の発売で圧力をかけ、更にRTX3070が登場しました。

そこに、NVIDIAがGeForce RTX 3080 TiでそのGPUスタックをさらに拡大しようとしているようです。

699ドルのGeForce RTX 3080と1,499ドルのGeForce RTX 3090の中間にあるNVIDIAのラインアップの非常に深いギャップを埋めることになるかもしれません。

信頼性の高いと言われている、ハードウェアリーカーkopite7kimiによると、GPUはGA102-250-A1で、GDDR6Xは384ビットのメモリバスを使用するようです。GeForce RTX 3080が8,704個のCUDAコアを持ち、GeForce RTX 3090が10,496個のコアを持つのに対し、噂のGeForce RTX 3080 Tiは9,984個のCUDAコアを持つと仮定し、それをすべて足し合わせると、GeForce RTX 3090の36 TFLOPSと比較して、約33から34 TFLOPSになるのではないかと予想されています。

GeForce RTX 3080 と GeForce RTX 3090 のレビューに基づいて、性能がどのようなものになるかの見当はつきますが、価格については、RTX 3080とRTX 3090の2枚のカードの間には600ドルの大きな価格差があるので、おそらくその中間の1,199ドルの価格帯が、噂されているGeForce RTX 3080 Tiの最も論理的な価格となるでしょう。

AMDがRadeon RX 6800 “Big Navi “ファミリーを明らかにすれば、NVIDIAがGeForce RTX 3080 Tiをリリースすることにどれだけ熱心であるかが分かります。

NVIDIAが優位性を確信してアクセルを緩めるか、または性能/価格の優位性を維持するためにアクセルを踏むか、、AMDの動き次第でnVIDIAもアクセルを踏むか、緩めるか決まりそうです。

via HotHardWare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720