【次世代でデジタル版が加速する?】次のコンソール世代では、デジタル版で買うことがこれまで以上に良いかもしれない。

私は一般的に物理的なメディア(ディスク)を評価する人です。レコードを集めたり、印刷された本を買ったり、4Kブルーレイを見るのが好きです。しかし、様々な理由から、デジタルゲームを各プラットフォームで購入することに完全に切り替えました。ソニーとマイクロソフトが次世代機の全貌を明らかにした今、より多くの人が同じことを選択するかもしれません。

ソニーは「プレイステーション 5」の価格を発表し、通常モデルのPS5は499.99ドル(49,980円)、デジタル版は399.99ドル(39,980円)となっており、ディスクゲームからの脱却を考えれば、100ドル(約1万円)の節約になります。

一方、マイクロソフトは、デジタルゲームの購入やゲームパスの加入をさらに促進しています。XboxシリーズXは、通常のPS5と真っ向から対決することになり、両機ともディスクドライブと4K出力を搭載し、価格は499ドルです。 XboxシリーズSは、より低い解像度( 2560x1440P)でゲームをプレイすることができ、ディスクドライブは搭載されていませんが、より小型化されており、価格は299ドルという驚異的な低価格となっています。

メッセージは明確で、物理的なディスクゲームは、今やコンソールゲーム体験のハイエンドでオプションの一部となっていて、いわば贅沢なものです。そして、ソニーもマイクロソフトもデジタルへの移行を積極的に支援しようとしています。例えば、PS5の両機種間で100ドルの価格差があるのは、ディスクドライブだけでは説明できません。(4K UHDディスクドライブの原価コストはもっと低い)

しかし、ソニーはあなたを含めたユーザーにとって唯一の小売店になりたいと考えており、デジタル版のユーザーが直接ゲームを購入することで、余計に利益を得ることを期待しています。一方、マイクロソフトは、シリーズSを低価格で販売しているのは確かだが、ゲームパスの収益とデジタルゲームの売上を押し上げて利益を得ています。

PS5デジタルエディション

ディスクパッケージのゲームを買い続けていきたいと感じている人には、これは良いニュースではありません。貧弱なブロードバンドサービスのある地域に住んでいる人は、ディスクドライブ付のより高価格のコンソールを買うという状況に直面しています。

また、デジタル専用機に移行する人が増えれば、ディスク版ゲームの市場は大幅に縮小する可能性があり、GameStopのような小売店にとっても不利な状況になります。

潜在的な問題があるにもかかわらず、このシフトは長い間避けられないと感じていました。PS4とXbox Oneのゲームはディスクからは実行されません。Blu-rayディスクドライブのアクセス速度が非常に遅いので、ゲームデータを完全にコンソールのハードディスクドライブにインストールする必要があります。これにより、多くのユーザーにとってストレージスペースがプレミアムだったXbox 360のようなコンソールでのディスク版ゲームの主な利点が取り除かれました。

それ以前でも、PS3のBlu-rayディスクへの移行は、ロード時間を短縮するためにゲームデータの一部をハードディスクドライブにインストールする事を強制することがよくありました。デビルメイクライ4が、ハードディスクドライブに5GBのデータを強制的にインストールさせたことは、当時物議を醸しました。

そしてPS3の世代が終わると、より大きなハードディスクドライブが一般的になってきました。ソニーとマイクロソフトは、従来の小売店に代わるものとして、ゲームのダウンロードを推進し始めました。

ソニーは2009年の「PSP Go」で、すでにPSPゲームのデジタル化を標準で開始しており、デジタル専用PSPはスライド式で通常モデルよりも小型化され、価格も通常モデルよりも高くなっていました。

同じ年、マイクロソフトは最初は古いタイトルだけが利用可能でしたが、Xbox 360のフル・ゲームをダウンロードすることが可能になった、Xboxゲームオンデマンドサービスを発表しました。その後、ソニーは2012年に「PSN Day 1 Digital」と呼ばれるプログラムを開始し、PlayStation Storeに新しいゲームが日替わりで登場しました。

PS4とXbox Oneが発売される頃には、両社ともに新作ゲームはすべてデジタルで販売され、小売店でも販売されていました。マイクロソフトは、デジタル所有権をプラットフォームのコアコンポーネントにしようとさえしており、ダウンロードしたゲームを共有して再販する機能は、オフラインでのプレイやゲームのサポートを犠牲にして来ています。

そしてマイクロソフトは大きな反発を受け、最終的には方針を転換しました。しかし、最終的に昨年、ディスクレスのXbox One Sが市場でヒットしたのを見ました。そして、マイクロソフトのXbox Oneに対する当初のビジョンは、現在どのように受け止められているのでしょうか?

もしかすると、あまり良くないかもしれません。もちろんディスク版ゲームメディアが完全になくなるわけではありません。しかし、物事はその方向に向かっています。任天堂ですら今年上半期にSwitchのゲーム売上の50%以上がデジタルだったと発表していますが、それはCOVID-19のパンデミックの影響もあります。

ソニーの4-6月期は74%でしたが、1年前にはすでに53%になっていました。この数字は、ユーザーが実店舗に戻るにつれて下がっていくでしょうが、人々がデジタルゲームに慣れてしまえば、より積極的にデジタルゲーム体験に参加してくれるようになるかもしれません。

ユーザーから見たデジタルの核心的なメリットは、その利便性にあります。ディスクの取り出しや挿入でゴチャゴチャする必要がありません。あなたのゲームコレクションはラックのスペースを取りませんし、最近ではハードディスクドライブのスペースも取らない。複数の地域のストアで買い物ができ、すべてが同じライブラリに表示されます。それに慣れてしまうと、回転するディスク版の扱いが古臭く、面倒に感じてしまいます。

後で中古として処分するためにディスク版ゲームを欲しがる人もいれば、その反対の理由で、ラックに並べてコレクションを維持するために欲しがる人もいるでしょう。ライブサーバーやデイワンパッチの時代には、昔ほど保存の重要性はありません。PS4のディスクの多くは数十年後にはかなり使い物にならなくなるでしょう。だからといって、コレクションを作る魅力がないわけではありませんし、リミテッドラン・ゲームズのような企業は、そうでなければ手に入らないようなタイトルを特別にディスク版でリリースすることで、この市場に参入しています。

しかし、それは非常にニッチな分野であり、ビデオゲームのヴァイナル(アナログ・レコード)です。(そう、リミテッド・ランはビデオゲームのアナログ・レコードも販売しています)

Image: limitedRunGames

変わったのは、ソニーとマイクロソフトの両方が、ディスク版ゲームを完全に買うのをやめようとする人が十分にいることに賭けているということです。また、両社ともにデジタルオンリーの購入者には、最初からコレクションを積み上げてきたように感じてもらえるようにしています。

もちろん、自分のライブラリに統合することができるXbox Game Passもあります。そしてソニーは、PS4のベストタイトルを多数収録したPS5用のPlayStation Plusコレクションを発表しました。

デジタルを買うのは体験を大切にするなら価値がありますし、そうすることでマイクロソフトやソニーの利益にもなります。ディスク版より、デジタル版の方が利益も9ドルくらい違うそうですので、ソニーやマイクロソフトからすれば今後デジタル版の購入者数を増やしていきたいんでしょう。

そうなると、PlayStation 5 Digital Editionのような製品は、すでにデジタル購入に慣れている人にとっては明らかにWin-Winになります。より良い体験を低価格で (さらに魅力的なデザインも)

重要なのは、今もディスク版ゲームを買う人が、今後どれだけ次世代にトレードオフをしてくれるかということです。

via TheVerge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720